しゅしゅ旅日記

旅好き✧ゆとりOLの趣味ブログ

【写真付で解説!】憧れの星野リゾート『青森屋』に宿泊した感想

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

 

今回は、青森一人旅をした際に宿泊した

を紹介します。

 

一言で感想を述べると

 

大満足

 

でした!

 

f:id:chouchoutrip:20191222113320j:plain

 

 

青森県内には星野リゾートが3ヶ所ありますが、 ここ青森屋は、比較的値段が安く、それでいて星野リゾート魂に触れられるおすすめホテルです。

 

 

期待以上にワクワクする館内に

 

踊り出してしまうんじゃないか

 

と、思うほど一人テンション上がってしまいました!

 

f:id:chouchoutrip:20191222142532j:image

 

 

ここ青森屋のコンセプトは、青森のテーマパーク。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142601j:image

 

その名の通り、 青森の郷土文化がギュギュっと詰め込まれた館内は、どこか懐かしい別世界なんです。


f:id:chouchoutrip:20191222152744j:image
 

f:id:chouchoutrip:20191222142608j:image

 

館内だけでも十分楽しめるので、「ゆっくりしたいなぁ…という人にはめちゃくちゃオススメ!   

 

 

逆に「外で観光しまくりたい」という人は、

 

「んん~」と首をかしげるかも…

 

と思ったので周辺の観光情報を含め、正直な感想を記録しておこうと思います。

 

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 青森屋に宿泊するか迷っている人  
  • 青森屋の雰囲気を写真付きで知りたい人
  • 青森屋周辺の観光情報を知りたい人

 

 

スタート(*´꒳`*)ノ

 

 

 

1、写真で解説!青森屋はどんな宿?

 

青森屋は、「青森を楽しむ」をテーマにしたホテルです。

 

f:id:chouchoutrip:20191222152747j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222142541j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222142624j:image

 

私が宿泊した時期は、秋の終わり(11月末)ということもあり、りんごとホタテが旅館内を占拠中(笑)

 

どこを見ても「青森、青森、青森~」と、楽しいんですよね。

 

 

囲炉裏ラウンジ

 

まずゆっくり寛ぐなら、囲炉裏ラウンジ(利用時間:6時~23時)

 

f:id:chouchoutrip:20191222121415j:image

 

ここは宿泊者共用の無料ラウンジで、コーヒーと麦茶が飲み放題。

 

f:id:chouchoutrip:20191208170813j:plain

 

かましさの塊の私。たくさん頂きました!

 

 

テーブルではパソコン作業、ソファでは本を読んだり…色んな目的で利用できるのが嬉しかったです。

  

f:id:chouchoutrip:20191208171039j:plain

 

f:id:chouchoutrip:20191207223354j:plain



 

チェックイン前やチェックイン後の待ち時間にゆっくりしてる人が多かったですよ。

 

 

私もチェックイン後、フロントに荷物を預けてソファで読書して過ごしました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121421j:image

 

 

青森屋の客室

 

もちろん!お部屋もゆっくり過ごせましたよ。

 

私は「えんこつ」の部屋に宿泊したのですが、一人旅の私にとっては十分すぎるくらいゆったり♡

 

f:id:chouchoutrip:20191222145854j:image

 

一人なのにベットが2つ!恐縮です(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20191222145815j:image

 

ベットの奥には掘りごたつ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142544j:image

 

部屋全体は青色に統一されていて、とても落ち着くんです。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145742j:image

 

よーく見てみると、ライトがホタテの貝殻風。乙女心をくすぐられて(誰が乙女やw)女一人キャッキャはしゃいでしまいました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142616j:image

 

ちなみに部屋の鍵もリンゴで乙女喜ぶ♡

 

f:id:chouchoutrip:20191222121424j:image

 

サービスのお菓子も「リンゴ」のラングドシャ

 

f:id:chouchoutrip:20191222142627j:image

 

こちらは相方へのお土産にしよ(せこいw)

 

 

部屋の雰囲気もさることながら、用意された小物たちが素晴らしくて拍手を送りたかったです。

 

パジャマ代わりの甚兵衛は神!

 

f:id:chouchoutrip:20191222142538j:image

 

浴衣で寝ちゃうと、朝方、ほぼ紐だけの状態になる私(笑)

 

その心配がないのは本当に嬉しいです。

 

 

持ち運び可能な大きい鏡。これは化粧する時にいるよね、女子たち!

 

f:id:chouchoutrip:20191222145847j:image

 

 

そして館内をウロウロする時、めちゃくちゃ便利だったかごバック。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142604j:image

 

たしかに今まで、大浴場行く時、困ってました。

 

下着とか何に入れて行こう…となり、一旦フリーズするのが恒例(笑)

 

 

もちろんWiFiあります!

 

f:id:chouchoutrip:20191222145740j:image

 

アメニティも充実のDHC。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145754j:image

 

手ぶらで来てもオッケーですね(綿棒やブラシ、コットン、歯ブラシは当然ある)

 

 

水廻りも綺麗なので安心。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145841j:image


f:id:chouchoutrip:20191222145803j:image

f:id:chouchoutrip:20191222145809j:image


f:id:chouchoutrip:20191222145746j:image

 

お風呂は大浴場があるので使う人少ないと思うけど…一応載せておきますね。

 

 

部屋のドライヤーは壁付けだけど、風量問題なし

 

f:id:chouchoutrip:20191222142557j:image

 

もちろん大浴場にもドライヤーありましたよ。

 

 

あとは「自由にどうぞ~」のお茶と冷蔵庫も。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142551j:image

 

部屋からの眺めは、まぁまぁ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142547j:image

 

もう少し早い時期だと紅葉が綺麗だったかも、なんてちょっとだけ悔しかったり。  

 

 

今回私が泊まった部屋は、1番お手頃価格の「えんこつ」の部屋だったので仕方ないですね。

 

部屋ランクによっては、庭園が眺められるそうですよ。羨ましすぎる!!

 

f:id:chouchoutrip:20191222153720j:plain

 

 

部屋はランク高い順に…

 

  • うんかい 85㎡

f:id:chouchoutrip:20191223160825j:image

 

  • 青森ねぶたの間 71㎡

f:id:chouchoutrip:20191222104341j:plain

 

 

  • おぐらみ半露天風呂付 77㎡

f:id:chouchoutrip:20191222104430j:plain

 

 

  • あずまし半露天風呂付 53~59㎡

f:id:chouchoutrip:20191223160946j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191223161033j:image

 

  • あずまし和洋室 60㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161127j:image

 

  • いてくら 43㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161218j:image

 

  • あずましツイン 33㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161251j:image

 

  • あずまし 43~50㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161356j:image

 

  • そして私が泊まった「えんこつ 30~37㎡」

f:id:chouchoutrip:20191222145854j:image

 

 

じゅうぶん、じゅーぶん!!笑

 

 

青森屋自慢の庭園

 

そして、部屋から眺められたらラッキーと語った庭園がコチラ。

 

f:id:chouchoutrip:20191208171615j:plain

 

日が暮れてからがめっちゃ綺麗で感動した~!

 

だいたい1周するのに約30分かかります。が、全然時間忘れて散歩出来ますよ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121352j:image

 

 

足湯しながら、水面に映る明かりを眺めたりして。

 

f:id:chouchoutrip:20191208173656j:plain

 

こういう時は誰かと一緒がいいですよね。グスン…。

 

 

庭園の散歩道を照らすライトもリンゴで可愛い


f:id:chouchoutrip:20191222145821j:image


f:id:chouchoutrip:20191222145828j:image

 

こちらは、ねぶたかな?

 

f:id:chouchoutrip:20191222145818j:image

 

間近で見ると蜘蛛の巣が張っていたのは内緒です。

 

だいじょうぶ、だいじょーぶ!笑

 

 

夜のキラキラな感じが私は好きだったけど、朝の散歩も気持ちいいのだ!(突然のバカボンぱぱw)

 

f:id:chouchoutrip:20191208173400j:plain

 

 

とろとろ温泉 

 

庭園散歩で体が冷えたら、温泉へダッシュ!!

 

館内にある浮湯(露天風呂)は景色が最高で何時間でも浸かってられるッ!

 

f:id:chouchoutrip:20191222111329j:plain

 

 

風呂上りには事前に予約しておいた「うるほひ横丁」でヘッドケア30分コース。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145833j:image

 

肩から頭の先までゴリゴリと揉みほぐしてもらって、至福のとき

 

おかげでこの夜、朝までぐっすり眠れました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145824j:image

 

 

翌朝、別館にある元湯では 「うあ”~」なんてオッサン顔負けの声を漏らしながらお湯に浸かりました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145852j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222110332j:plain

 

私的にはこちらの元湯の方がタイプです。

 

少し熱めのトロトロ湯が自称低血圧の私をしゃきーん!!  と叩き起こしてくれました。ありがとね!

 

雰囲気も昭和の銭湯っぽくて好きや。

 

f:id:chouchoutrip:20191222110424j:plain

 

f:id:chouchoutrip:20191222121418j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121409j:image

 

 

 

この別館「元湯」までは少し距離がある為、フロントから30分おきに連絡バスが出ています。バスだと1~2分。徒歩だと5分くらいかな。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121412j:image

 

ご利用の方は、フロントに確認しておくと良いですよ。

 

 

青森屋の食事処

 

旅の醍醐味!食事はどうかというと…

 

3ヶ所の食事処が用意されていて、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。

 

 

贅沢なお値段順に、

 

  • 南部曲屋

f:id:chouchoutrip:20191222105940j:plain

青森の人々に昔から伝わる海の幸15品が「七子八珍」。その食材を取り入れた「七子八珍会席」は日本酒とも相性が良く、ともにその味わいと風味をお楽しみ頂けます。

 

  • みちのく祭りや

f:id:chouchoutrip:20191222110003j:plain

青森四大夏祭りを魅せるレストラン。太鼓や祭囃子に、山車や跳人が練り歩き熱気に包まれます。お食事は郷土料理、特に熱々のせいろ蒸しがおすすめです。

 

  • のれそれ食堂

f:id:chouchoutrip:20191222145830j:image

古民家風のレストランで割烹着姿のかっちゃ(お母さん)が笑顔でお出向かえするビュッフェレストラン。郷土料理やあつあつの目前料理などをお楽しみください。

 

ここは、いわゆるバイキングのお食事処。

 

お腹いっぱい食べたい私は、のれそれ食堂を選びました。

 

全種類制覇してやる!!  と挑んだ私ですが、種類多すぎて志半ばでギブアップ。

 

青森のお母ちゃんが作ってくれる食事、がコンセプトの食事処でホッとする空間が心地良かったなぁ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142528j:image

 

でも食事のレベルが高くて、うちのお母ちゃんはこんなん作ってくれないよ!!  と抗議したかったです。

 

(嘘です、ママンごめんよ)

 

f:id:chouchoutrip:20191222121406j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121427j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121346j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121403j:image

 

まだまだ序の口…もっともっと詳しく紹介したいので、また別の記事で詳しく紹介させて頂きます。

 

朝ごはんも美味しかったんよねぇ(遠い目…)

 

f:id:chouchoutrip:20191222152131j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222145735j:image

 

 

 

そうそう!もう1か所紹介しておきたいのが「ヨッテマレ酒場

 

f:id:chouchoutrip:20191222145757j:image

 

事前予約が必要な食事処は3ヶ所なのですが、「ちょい飲み」や「ちょい食べ」にぴったりなんです。

 

f:id:chouchoutrip:20191222111417j:plain

 

レトロな雰囲気が素敵だと思いませんか?

 

f:id:chouchoutrip:20191222142620j:image

 

 

じゃわめぐショー

 

食事のあと、パンパンのお腹をさすりながらも見入ってしまった「じゃわめぐショー

 

f:id:chouchoutrip:20191222145806j:image

 

毎晩20時45分から始まる夜のイベントなんです!

 

たくさんのお客さんが「待ってました!!」と大きな拍手で演者の方を温かく出迎え、スタート。

 

f:id:chouchoutrip:20191222152127j:image

 

青森の民謡??

 

よく分からなかったけど、めちゃくちゃ歌が上手いのだけは分かった(笑)

 

ぱちぱちぱち~!!

 

 

 

民謡の次は、スコップ三味線。

 

f:id:chouchoutrip:20191222111054j:plain



 

スコップ三味線とは、「雪かき用のスコップ」と「栓抜き」で奏でられる音楽のこと。

 

歴史は30年ほどで、今では世界大会が開催されるほど。

 

ふ~ん

 

スコップ三味線奏者には申し訳ないけど、めちゃくちゃナメてました。

 

演奏が始まって、!!!!!!

 

f:id:chouchoutrip:20191222121400j:image

 

音の迫力に心臓がえぐられました。

 

リアルに心臓が弱い人が心配になるレベル…笑。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121349j:image

 

めっちゃ盛り上がって、楽しかったです。 

 

じゃわめいだね~

 

青森屋さん、素敵時間をありがとう。

 

 

2、青森屋の周辺施設

 

青森屋がじゃわめぐ一方、青森屋周辺には何もありません。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145838j:image

 

コンビニもスーパーもレストランも。なーんにもない(笑)

 

 

最寄駅は、歩いて10分くらいのところに「三沢駅」があります。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145759j:image

 

三沢駅からは、乗り継ぎなしで

と、他主要エリアへのアクセスは比較的良いです。

 

が、注意しておきたいのが、

 

電車の本数が少なすぎ問題(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20191222145750j:image

 

車がないと、気軽に食事へ行ったり、お出かけは困難でしょう。

 

朝夕の食事は青森屋のオプションをつけることをオススメします。

 

 

3、青森屋の周辺観光スポット

 

青森屋から少し足を運べば、海を望んだり、海鮮を楽しむスポットが豊富です。

 

代表的な観光スポットは、

など、です。

 

 

電車で行くことは可能ですが、電車本数が少ない為、いろいろ観光して周りたい方は、レンタカー利用することをおすすめします。

▶レンタカーなら「たびらいレンタカー予約

 

 

4、青森屋に宿泊する前に知っておきたい3つのこと

 

  • 1.電車本数が少ないので、レンタカーをチェック

 

何度も言いますが、電車の本数が少なく、車がないと不便です。

 

特に観光地を巡ったり、旅館の外で食事をする予定の人は、レンタカーを借りましょう。

 

おすすめは、

で、自分に合うレンタカーを探してみることです。

 

  • 検索画面がポップで見やすい
  • 大手レンタカー会社を一括検索できる
  • 割引がきいて安い

ので、チェックしてみてください。

 

 

  • 2.無料送迎バスをチェック

 

青森屋からは、無料送迎バスが用意されています。

三沢駅⇔青森屋

八戸駅⇔青森屋 ※要予約

三沢空港⇔青森屋 ※要予約

青森空港⇔青森屋 ※要予約

 

三沢駅 ⇔ 青森屋 以外は、事前予約が必要!

無料送迎バス予約は、公式HPから

 

f:id:chouchoutrip:20191222145844j:image

 

旅行スケジュールに合わせて、予約しておきましょう。

 

 

  • 3.食事プランをチェック

 

青森屋は、気軽に外食がしにくい立地にあるため、食事プランをオプションで付けておくことをオススメします。

 

どのプランも青森の郷土料理や雰囲気を楽しむことが出来ます。

 

私が実際に申し込んだ「のれそれ食堂」は、宿泊費プラス7000円(朝夕食付)でホタテやステーキなど、ご馳走を頂くことが出来ました。

 

是非、公式HPから食事プランをチェックしてみてくださいね。

 

 

感想まとめ*青森屋はのんびりしたい人向けホテル

 

ということで、青森屋の感想は

  • 食事も風呂も最高!究極にゆったり出来る旅館

でした。

 

 

  • 無料送迎バスがあり、
  • 美味しい食事も楽しめる、
  • 温泉も最高!!

 

なので、

 

  • ホテル内でのんびり過ごしたい方

にとっては、文句なしの旅館だと思います。

 

一方で

  • 観光しまくりたい!
  • 宿は寝るだけでOK

という人には、もっと良い旅館が他にありそう、と思いました。

 

また館内で楽しいイベントが開催されていたり、庭園にはポニーがいたりと、

  • 小さいお子さん連れの家族にもピッタリ

な、お宿だと思います。

 

f:id:chouchoutrip:20191208174550j:plain

 

 

スコップ三味線の体験タイムには小さい男の子が大活躍でした(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20191222121356j:image

 

以上、星野リゾート「青森屋」の感想をお伝えしました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222113136j:plain

 

 

最近おつかれ気味の方、ゆっくり寛ぎたい方は、青森屋でのんびりとした星野リゾート時間を過ごしてほしいなと思います。

 

f:id:chouchoutrip:20191222113215j:plain

 

それでは最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*