しゅしゅ旅日記🐾

ゆとりOLが綴る〔旅〕と〔趣味〕のブログ

【台湾旅行記(九份編)⑪】千と千尋の神隠しワールド!阿妹茶樓(アーメイチャロウ)に行ってきた

台湾旅行 2日目

 

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

台湾旅行記(九份編)⑩ の続編です(笑)

 

せっかく九份民宿に泊まるのだから

夜は部屋でゆっくりしよう。いえーーい

なんて考えてましたが気づいてしもた。

 

な、なんか寂しい(涙)

※現在しゅしゅ子は人生初のひとり旅中

 

ということで予定変更!

ジブリ映画千と千尋の神隠しに出てくる

湯婆婆の湯屋のモデルになった茶芸館、

阿妹茶樓(アーメイチャロウ)へ行ってきます!

 

スタート(*´꒳`*)

 

 

阿妹茶樓(アーメイチャロウ)とは

ガイドブックには必ず載ってる有名店!

九份日本人に1番人気のお茶屋さんです。

 

というのも、

らしい!

 

嘘か誠か。雰囲気はぴったりですねf:id:chouchoutrip:20190519100503j:image

古い建物をリノベーションしていて、

かつては金鉱工場だったとか、家具工場だった

なんて言われていますよ。

 

昼間~夕方にかけてはとにかく激混み。

九份に宿泊予定の方は、観光客が帰って行く

夜19時30分以降に来ることをオススメします。

 

いざ入店

ごーごごー!!f:id:chouchoutrip:20190519100815j:image

 

しっかりとした門構えの先に・・f:id:chouchoutrip:20190519100850j:image

 

世にも恐ろしい能面がお出迎え(΄◉◞౪◟◉`)f:id:chouchoutrip:20190519100739j:image

何ちゅう不気味さ、子供が泣くよ。

これがジブリの世界観なのか(笑)

 

店内に入ると不気味な男性スタッフが1名!

とはならない(笑)逆に紳士だったー

 

今日は23時迄だけど良いか、

テラス席が良いかなど、

日本語かつ丁寧に確認してくれます。

 

紳士に連れられ階段を上り、f:id:chouchoutrip:20190519100736j:image

 

ずらりと並ぶ茶瓶の横を失礼しまーすf:id:chouchoutrip:20190519100913j:image

 

そして素敵なテラス席に案内して頂きました!f:id:chouchoutrip:20190519100730j:image

お店に入ったのは20時30分頃

お客さんは殆どいません!日本人は私だけ。

ゆっくり景色を楽しむことが出来ましたよーf:id:chouchoutrip:20190520195732j:image

 

案内された席からは

向かいの「海悦楼茶坊」がよく見えます。

めっちゃ撮られてるけど(笑)f:id:chouchoutrip:20190519100658j:image

ちなみに、向かいの海悦楼茶坊さんとは!

こちらもお茶屋さんなのですが、

阿妹茶樓が撮影出来るスポットとして

かなり人気だそうで(*'▽'*)こちらも是非

 

お茶の淹れ方が難しい件

1番人気のお茶セット300元(約1,140円)f:id:chouchoutrip:20190519100749j:image

来ました~パチパチパチ♬

 

まずはお茶請け達から自己紹介!!

 

トップバッター『干し梅f:id:chouchoutrip:20190519100901j:image

私は「ほしうめこ」と申します。

立派な種があるから気をつけてね。

私を食べた後、すぐにお茶を飲んでみて!

お茶が甘〜く感じて美味しいわよ。

  

次は『黒糖のお餅
f:id:chouchoutrip:20190519100752j:image

俺の名前は「もちお」だ!!!!

ブラウンシュガーの洋服を身に纏うお洒落男子なんだぜ。

黒糖はメラニン抑制効果も高くて実用的なんだ。

俺を食べて昼間の紫外線をなかったことにしような!

 

最後に『うぐいす豆のお菓子胡麻菓子
f:id:chouchoutrip:20190519100919j:image

ごきげんよう!私は「ウグイス嬢」と言いますわ。

優しい色と甘さが特徴なの。オホホホホ〜

皆様をほっこり幸せな気分にさせるのが生きがいなのよ。

おっす!おいらは「セサミンボーイ」だ!!

パリパリのおいらを食べれば疲労回復間違いなし!

 

とまぁ、茶番はここまでにしとこ(笑)

 

足元には自分専用の茶瓶が運ばれます。f:id:chouchoutrip:20190519100827j:image

熱々なので席を立つ時は注意して下さいね。

 

そしてここから

私と店員さんの戦いが始まる(笑)

 

お兄さんがお茶の淹れ方を説明してくれます。

が!!怒涛の早口攻撃で脳内パニック!!!

 

・・え?

え?え!江!絵?柄?江?エ!ゑ!エ?ゑ! え?え!江!絵?柄?江?エ!ゑ!エ?ゑ! え?え!江!絵?柄?江?エ!ゑ!エ?ゑ! え?え!江!絵?柄?江?エ!ゑ!

 

少ない脳みそで一生懸命理解するには、

・お湯を茶葉を入れた急須に注ぐ

・細長い湯のみにお茶を注ぐ

・そのお茶をすぐ捨て香りを楽しむf:id:chouchoutrip:20190519100916j:image

うんうん。言われるがままに嗅ぎましたよ。

いい香りだった気がする。軽い記憶喪失(笑)

 

・次にこの小さい湯のみにお茶を注ぐf:id:chouchoutrip:20190519150957j:image

・2回目お湯を足す時は、20秒茶葉を蒸らす

・3回目の時は30秒、4回目は40秒・・

 

ッダァーーー!

 

お兄さんの説明が終わったので

「難しいわ!」と反撃してみたら

 

「ガンバレヨ」と瞬殺。

 

結論!分からなくても美味しい(笑)
f:id:chouchoutrip:20190519100802j:image

このあと、私は台湾茶と格闘するのであった。

 

宿泊者だけが知っている“むふふ”な九份散歩

時刻は20時~20時30分くらいでしょうか。

阿妹茶樓に行く前に静かな九份を散歩してきました。

宿泊者だけが発見出来る“むふふ”な九份情報をお届けしたいと思います。

 

まずは基山街をパシャリ!f:id:chouchoutrip:20190506125429j:image

昼間は人が溢れ返っているこの通り、

素敵な写真が撮れました。むふふ(笑)

 

本当に同じ場所なのか、と疑いたくなりますねf:id:chouchoutrip:20190506125452j:image

 

お昼間の様子はこちらの記事からどうぞ↓↓www.chouchoutrip.com

 

賢崎路もいい味出してるぞー
f:id:chouchoutrip:20190519100854j:image

夕方ピーク時の三大苦行「うるさい」「歩行困難」「前方見えない」が嘘のよう!

 

これが本物のノスタルジックや〜

ほら、彦摩呂はんも言うてはる(笑)

 

阿妹茶樓の外観も綺麗に撮れますf:id:chouchoutrip:20190506125435j:image

夕方ピーク時、私は敗北したのです。

この場所に辿り着くことすら出来ずに(泣)

 

色んな角度からゆっくり撮影出来ちゃうf:id:chouchoutrip:20190519100925j:image

むふふっと自慢したくなる夜散策でした(笑)

 

阿妹茶樓 まとめ

最後に「阿妹茶樓」についてまとめておきましょう。

素敵なティータイムを( ˘ω˘ )♬

 

場所

賢崎路の階段沿い、中腹あたりにあります。

※住所:台湾新北市瑞芳区崇文里市下巷20号

 

営業時間  

私が行った日は8時30分〜23時00分でした。

日によって営業時間は異なるみたい。

遅くまで営業していることは確かですが確認が必要です!

 

感想

率直に申します!行って良かったー

個人的に寂しさも紛れたし(笑)

皆さんにもオススメしたい茶芸館です。

 

「良い」「悪い」を述べるのであれば、

良い点

・お茶が本当に美味しい

・雰囲気が良い

・スタッフが日本語達者

・夜遅くまで営業している

【ちょっと不満点】

・お値段が少しお高め(?!)

・昼から夕方にかけて激混み

ぐらいでしょうか。

 

値段について不満と書きましたが、九份でしか味わえない雰囲気だと思えば値段以上の阿妹茶樓さんだったかな(笑)どっちや

 

反省点も述べておきます。

22時頃までお茶して帰ったのですが、

22時の九份は人がいない!灯りもない!

 

小走りしちゃうほど怖かったです。f:id:chouchoutrip:20190519161921j:image

九份には観光客とお年寄りしかいないから安全、なんて聞きましたが夜はやっぱり怖いですね。

 

提灯の明かりが消える前(21時頃)には部屋に戻ることをオススメします。

 

ニャンコも眠る時間!
f:id:chouchoutrip:20190506125426j:image

記念撮影してる場合じゃないで!

さっさと帰りましょうね(笑)

 

ではまた(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*