しゅしゅ旅日記

旅好き✧ゆとりOLの趣味ブログ

【箱根温泉】本物の温泉に出会った!日帰り温泉施設『天山湯治郷・ひがな湯治天山』入浴記(アクセス・食事・感想)

【2019年10月2日(水)】

 

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

今回は、

をテーマに 女ひとり旅 (о´∀`о)

 

箱根ではとても有名 (らしい) 

天山湯治郷 へ行ってきました。

 

さすが有名なお湯処ですね。

お湯雰囲気食事…全てにおいて

パーフェクト!!!

 

スーパー銭湯は結構好きで

には、よく行ってました。

 

が!やっぱり温泉は違うんだ、と

今回改めて感じた次第です。はい(笑)

 

今回、箱根旅行を計画するにあたって、

どこの温泉施設に行こうか、と

めちゃめちゃ迷いました(ㆀ˘・з・˘)

だってすごい数あるんだもーん。

 

というわけで、

  • 天山湯治郷へ行ってみた感想

をお届けすると共に、

  • 数ある箱根温泉の中からなぜ天山湯治郷を選ぶことにしたのか

についてもお話出来ればと思います。

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 箱根旅行の予定がある人
  • 温泉で癒されたい人
  • 箱根温泉あり過ぎてよく分からなくなった人(笑)

 

それでは癒しの温泉旅行。

 

スタート(*´꒳`*)♡

 

 

天山湯治郷を選んだ理由:アクセスの良さと大自然の露天風呂

箱根温泉に行こう!と思い立ち、

どこの温泉施設にしようか、と調べてみると

とんでもない数が検索HIT(´⊙ω⊙`)

 

選ぶ楽しさもありつつ、

誰か本当におすすめの温泉教えてくれよ、と

色んなブログを読み漁りました(笑)

 

その中でも特に惹かれた

天山湯治郷の露天風呂の写真。

f:id:chouchoutrip:20191003202544j:image

 

この時期は緑が素晴らしく、

大自然の中での入浴を楽しめる、とのこと。

 

また、

  • 施設の雰囲気もよく
  • 食事処もレベルが高い

(ふむふむ…)

(アクセス最高やん!)

  • しかもそのバス100円らしい

(やっす…)

 

私の心の声からも分かるように

かなり興味を持ちました(笑)

 

更に、私の背中を押してくれた

山と温泉のきろく」というブログ。

www.yamaonsen.com

 

いつも一方的に拝見させて頂いてます(笑)

 

筆者の月山ももさん('ω')

温泉へのこだわりがスゴイのだ!

 

今まで私は温泉について

深く考えたこともなかったのですが…

 

源泉かけ流しとか、そうじゃないとか。

加水だの、非加水がどうのとか。

 

温泉にも

なんだか色々あるらしい(笑)

 

そんな月山ももさんですが、

もちろん箱根温泉についても書かれてまして

参考にさせて頂きました!

 

記事にしてはいないものの

天山湯治郷に行こうか迷われている

こちらの記事を拝見しました↓↓

www.yamaonsen.com

 

この時は「ての湯」という温泉に

行かれたのですが、たった1回登場した

天山湯治郷」のことが忘れられず…

(というか、どんな温泉か気になった)

 

雰囲気・食事の口コミも良く、

なおかつ月山ももさんが認めているお湯

 

よっしゃ!ここに決めた!!

 

ということで、

天山湯治郷へ行くことに(*'▽'*)

 

源泉かけ流し、楽しみだー♪

 

天山湯治郷への行き方:ロマンスカーと旅館送迎バスがお得で便利

都心からもアクセスしやすい

温泉地箱根 

 

中でも天山湯治郷は、箱根湯本駅から

旅館送迎バス(有料:100円)に乗り、

約10分の場所にあるのでアクセント良し

 

まずは、

小田急線・特急ロマンスカーに乗って

箱根湯本駅までごごごごー!!

 

ロマンスカーに乗るには、

特急券を購入する必要があります。

特急ロマンスカー料金

  • 新宿〜箱根湯本:1110円
  • 海老名〜箱根湯本:720円
  • 小田原〜箱根湯本:200円

普通の電車に乗って行くことも出来ますが、

新宿や海老名駅からだと大体30分くらい

時間短縮出来ますよ(*≧∀≦*)

 

何より…座席の確保も出来るし(←これ本音)

旅行感をより演出出来るのでオススメです。

 

ちなみに特急券は、

駅のホームにある券売機で購入出来ます。が、

 

支払方法は、

現金・ICカードのみなので

ご注意を(*´꒳`*)  

※通常の自動券売機や窓口での購入は、

  クレジットカード可です。

 

そうこうしてる内に、

カッコ良く登場!ロマンスカー

f:id:chouchoutrip:20191004170625j:image

 

赤絨毯の車両にわくわく(°▽°)

f:id:chouchoutrip:20191004170919j:image

普通の電車じゃこうは行きませんよね。

妙にテンション高まる( ・∇・)

 

席は広くて新幹線のよう。

f:id:chouchoutrip:20191004171217j:image

これで駅弁でもあれば完璧!

 

なのですが…

 

ランチは天山湯治郷で頂くつもりなので

景色を見て気を紛らわす(笑)我慢我慢…

 

平日なのでお客さんも少なく、

しばし列車ゆるり旅を楽しみます〜(。・ω・。)

 

ススキで秋の始まりを感じたりf:id:chouchoutrip:20191004201230j:image

彼岸花が真っ赤に点々と咲いてて

可愛い景色も見れたな〜✿✿✿

 

景色だけじゃない。

おば様達の話を盗み聞きして

将来私もこんな風になるのかなΣ(-᷅_-᷄๑)

と不安になったみたり(笑)←失礼ww

 

だって、おば様達ホンマに

お喋りが止まらんの…驚‼︎

 

海老名駅から約50分…

そろそろ到着かな〜(。・ω・。)
f:id:chouchoutrip:20191004210705j:image

 

箱根湯本駅に到着!近かった!!

f:id:chouchoutrip:20191004210806j:image

地元大阪に帰りたい、と

喚いていた時期もありましたが(笑)

この時ばかりは関東在住で良かった、なんて

思ってました( ˘ω˘ )単純…笑

 

箱根湯本駅のホームには

お得なクーポンやパンフレット等が

まとめて置かれています。

f:id:chouchoutrip:20191004212233j:image

この時は、箱根湯寮の100円引券や

美術館のパンフレット等が並んでいたので、

チェックして損はないと思いますよ!

 

改札を出てすぐに

分かりやすく送迎バスの案内板

f:id:chouchoutrip:20191004212705j:image

利用者が多いのでしょう。

助かりますね(*'ω'*)

 

私は天山湯治郷に行きたいので

Bコース:早雲通り線

 

バス停の場所は、

  • 改札を出て左に進み、
  • 駅前の国道を渡るデッキ通路を渡ってすぐ

と分かりやすい。

※詳細はこちらから確認できます。

 

バス停には、

既にオレンジ色のバスが

止まっていました。

f:id:chouchoutrip:20191004213628j:image

バス前に運転手さんが立っていますので

行き先を言ってから乗車しましょう。

 

行き先を伝え忘れると、

止まってくれません悲しすぎる、笑)

 

よくある「次とまります」の

降車ボタンがついていない為、

口頭で伝えておく必要があるんですね〜

 

ちなみに周辺には、ルノワール

Sagamiyaというお店がありましたので

バス停探しの参考にしてみてください。

f:id:chouchoutrip:20191006194841j:image

 

乗車時、運転席近くに設置された箱に

前払いで100円を支払います。

ICカード使用不可お釣りも出ませんので

100円玉は用意しておきましょう。

 

また、乗車から出発まで

エンジンを切った状態で待たされるので、

夏場だと暑いだろうな、と思いました。

 

なので、時刻表は

ホームページにも掲載されているので、

事前に調べておいた方が◎!!

▶︎時刻表はこちら

 

 

さてさて、13時15分。

数名が乗車し、定刻通り出発します。

 

想像以上の山道を通り、

10分ほどで天山湯治郷に到着です。

 

バスがなければ歩こう

なんて考えてましたが、

だいぶ無謀な考えでした(笑)

 

バスは30分間隔で運行されているので

利用すべきです。(▶︎時刻表はこちらより

 

天山湯治郷の施設紹介:自分の目的に合った施設を選んでお湯を楽しもう

実はこの天山湯治郷ですが、

敷地内に様々な施設が用意されています。

f:id:chouchoutrip:20191006195756j:image

 

私が今回利用したのは、

温泉と食事の両方を楽しむことが出来る

メイン施設「ひがな湯治 天山」です。

f:id:chouchoutrip:20191006193159j:image

 

他には、

  • 温泉だけを楽しむ「かよい湯治 一休
  • 宿泊施設の「逗留湯治 羽衣
  • お蕎麦を頂ける「じねん蕎麦 すくも

などがあるようです。

 

詳細は、こちらのホームページから

ご覧いただけますよ(*´꒳`*)

 

ひがな湯治 天山」を利用する場合、

こちらの「天山」と書かれた入口から

奥に進みましょう。

f:id:chouchoutrip:20191006193005j:image

 

館内に入る前に、

こちらの券売機でチケット購入。

f:id:chouchoutrip:20191006193028j:image

大人1名:1300円です。

 

それでは、いざ館内へ٩( 'ω' )وf:id:chouchoutrip:20191012172442j:image

 

食事処:「山法師」で絶景ランチを堪能する

館内へ入ると右手に靴箱。

 

正面に受付があり、

タオル等はこちらで購入可能です。

 

私は手ぶらで来たので

  • バスタオル(350円)
  • フェイスタオル(200円)

を購入しました。

※レンタル制ではなく購入となります。

※最終会計ではなく、都度会計をします。

 

受付を済ませ、 

腹が減っては風呂には入れん(笑) と

建物奥にある食事処へ足を運びます。

 

ここ「ひがな湯治 天山」には、

食事処が2箇所あり、

  • 滋養料理「山法師」:自然薯うなぎを食べることが出来る食事処(1階)
  • 温泉しゃぶしゃぶ「楽天」:温泉湯でしゃぶしゃぶを楽しむことが出来る食事処(2階)

どちらも魅力的すぎて悩む…

 

私はうなぎを食べたくて

1階「山法師」へ行くことに♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

う〜なぎ〜 ♪♬♩

 

小躍りし出す勢いで

ウキウキ楽しみに挑んだのに、

 

本日は鰻料理お休みなんで 

 

な、なぬー?!

冷たくあざ笑うように言われた…

この店員さん怖すぎるねん(笑)

  

どこの席に座ろうか迷って

うざかったかな?!

 

ラストオーダーぎりぎりにお邪魔して

イラついたのでしょうか(笑)

 

ちなみに、

昼のラストオーダーは14時です。

 

そんな店員さんの態度に

怖気づくも注文はさせてもらいます!

(ほんとはオススメとか聞きたかった…ごにょごにょ、笑)

 

腹は減るのだ (笑)

 

牛タンいいな〜♡

f:id:chouchoutrip:20191006193237j:image

 

ないと言われたら

余計食べたくなる鰻ʕ⁎̯͡⁎ʔ༄

f:id:chouchoutrip:20191006193254j:image

 

で、注文したのが、

イクラの漬とろごはん 2500円(税抜)

f:id:chouchoutrip:20191006193310j:image

 

宝石箱や~(笑)

f:id:chouchoutrip:20191003202458j:image

大葉やきゅうり、山芋が乗ってて

色んな味が楽しめる丼ぶりでした。

 

そのままで食べても良し

とろろをかけて味変しても良し!!

f:id:chouchoutrip:20191006195408j:image

最ッッツ高٩( ᐛ )و

 

丼ぶり・とろろ以外には、

  • なめこ
  • おくら・わかめ・山芋のお浸し
  • 揚げ出し豆腐
  • お漬物
  • 白玉デザート

がついた定食となります。

 

ごはんが美味しかったのはもちろん、

絶景も嬉しかった―!!

f:id:chouchoutrip:20191006193353j:image

須雲川の流れる音と

景色を眺めながらの食事は贅沢。

 

縁側で食べることも出来たのですが、

アラサ―は日焼けが怖いので室内で充分。

 

ほら、室内の雰囲気も良き。

f:id:chouchoutrip:20191006193419j:image

 

テーブル席もあります。

f:id:chouchoutrip:20191006193439j:image

 

お会計はレジで(*'▽'*)

クレジットカードも使えますよ。

 

贅沢な食事と景色に…

ごちそうさまでした( ´∀`)♡

 

温泉:保温効果抜群の鋭くジンジン痺れる泉質が最高だった

お腹も満たされたところで

お次は温泉が待っています。

 

風呂場へ行くまでの

中庭がこれまた素敵なんです♡

f:id:chouchoutrip:20191006193526j:image

 

川を眺めてゆっくり時間を

楽しむ場所でしょうか。

f:id:chouchoutrip:20191006193555j:image
f:id:chouchoutrip:20191006193559j:image

 

ちょっと寄り道しちゃいましたが、

いざ!お風呂 (*'▽'*)ノ

 

女湯入口から入るとすぐに

落ち着いた雰囲気の脱衣所があります。

 

この脱衣所は、

東京・神田の古い商家を移築したそうで…

脱衣所1つにもこだわりを感じるなぁ。

 

脱衣所から階段を上ると

パウダールームがあります。

 

こちらは、

洗面台にドライヤーがあるだけで、

アメニティ等(ブラシ・化粧水・綿棒など)の

用意はありません。

 

私は普段から入浴施設に置いてある

アメニティを使うことがないので問題ない。

 

ですが…

 

「いつも手ぶらで行くよ」という人は

自身で用意が必要なので注意です。

 

更に階段を上り、2階には、

女性専用の休憩処があります。

f:id:chouchoutrip:20191006193646j:image

大きな窓から覗く景色と

涼しい風で気持ち良く休憩出来そう。

 

一通りぐるっと見たところで

早速服を脱ぎ捨てました(笑)

 

ちなみにロッカーは、

自分で好きな場所を選べて

鍵がかかるやつ(←めっちゃ大事)

 

しかも、小銭がいらないタイプで

ストレスフリーでした(笑)

 

内湯(上がり湯)

風呂場に入ると左手に

木の温もり感じる洗い場があり、

 

右手にどーん!!と立派な内湯(๑•ૅㅁ•๑)

 

露天風呂との隔たりがなく、

ほぼ露天風呂状態の内湯です。

 

もしかして冬は寒いんじゃ…という造りですが、

冬場は扉をつけるのかもしれませんね。

 

まぁ…今日は、

天気・気候ともに問題がないので

気分最高です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

まずは体を洗って、

内湯から失礼させて頂きます。

 

つま先がお湯に触れた瞬間、

あまりの熱さにビックリ!!

 

同時に何か痺れる感覚…??!

 

ゆっくりゆっくり肩まで浸かります。

 

やっぱり体の端々が

ジンジンと痺れる感覚

 

ただ熱いだけではない。

これが温泉の力なのか、と(´⊙ω⊙`)

 

少し浸かっただけでポカポカする…

なんかクセになるわ~(笑)

 

と言っても、

長時間は浸かってられずに

今度は露天風呂へ(*^_^*)

 

露天風呂(ミルキーバス)

真っ先に入ったのは、

藤棚の下にある白く濁った温泉。

 

細かい泡を発生させてて(?!)

シュワシュワしてるの。

 

ぬる湯のため、いつまででも

浸かってられるしゅわわせ~♪

 

おっと、露天1つ目で

ふやけている場合ではない(笑)

 

他の露天風呂も巡りましょう。

 

露天風呂(祖之湯)

お次は、 天山発祥の湯

祖之湯(もとのゆ)」です。

 

まさにその地の直下に

源泉の1本があるのでお湯はが新鮮。  

 

別名「美肌の湯」と謳われ、

人気のお湯なんだとか。

 

湯加減はちょうど良く、

多分42度くらいかな、と思います。

 

露天風呂(洞之湯)

その奥にあるのは 洞之湯(ほらのゆ)

f:id:chouchoutrip:20191003202544j:image

洞窟になっている温泉は、

内湯と同じくらい熱くて痺れる…

 

洞窟の奥は湯気がこもり、

ミストサウナ状態でお肌しっとり。

女性にはとても嬉しい!!

 

隣のお風呂は、

竹林を眺めるのに最適。

 

熱過ぎず  ぬる過ぎず

 

岩にもたれて空を見上げると

竹や木々が風にさわさわ揺れ、

隙間から覗く青空が綺麗で癒される。

 

私は使用していませんが他には、
水風呂、サウナもありました。

 

最後にもう一度、内湯に浸かり、

ジンジンと痺れる感覚を確かめ(笑)

一旦休憩処に出ることにします。 

 

やっぱりこの内湯クセになる(笑)

熱くて長時間は入ってられないのですが、 

刺激的でお気に入りのお湯です。

 

おかげで体の芯まで温まり、

1時間ほど秋風にさらされてもポカポカ☀︎

 

あまりに気持ち良いお湯だったので
休憩後、第2ラウンドしちゃいました(笑)

 

館内施設:女性専用が嬉しい!気兼ねなくつろげる休憩処でリラックス

お風呂から上がり、

2階の休憩処でゴロゴロしてみよう。

f:id:chouchoutrip:20191006193752j:image

こちらは女性専用なので

気兼ねなくごろごろ出来る!!


数名の女性が畳の上で

思い思いの時を過ごしています。

本を読んだり、お昼寝したり。


大きなビーズクッションを

自由に使って良いそうなので

その上に寝っころがり日陰でごろーん。


大きな窓から涼しい風が吹く。

f:id:chouchoutrip:20191006193646j:image

最高の贅沢時間( ´∀`)♡


いつの間にか

1時間半くらい爆睡してて、

起きたら夕方5時前でした(笑)


お家よりリラックスして

眠っていたんじゃなかと…


流石に寒くなってきたので

再度お風呂で温まりましたよ(*´꒳`*)


私が爆睡していたのは

女性専用の休憩処でしたが、

男女共有の休憩処もあります


ご家族やカップルで来た人には、

そちらの方が良いかもですね( ・∇・)


少し残念に思ったのは、

館内着の用意がないこと(*´ω`*)

※浴衣の貸出はあるようです(有料:500円)


デニムなんかで来た日には、

終わりだわ(笑)


というわけで、

ゆっくり寛ぎたいな~と思う方は、

服装は選ばれた方が良いと思います。

 

注意事項:送迎バスは6時台までしかないのでご注意を!

 2度目のお風呂を終え、

名残惜しいけど、もう帰らないと。


送迎バスの時間まで

今度は男女共有の休憩処で待ちます。
f:id:chouchoutrip:20191006193847j:image

暗くて分かりにくいと思いますが、

提灯と月の光が綺麗なんです。


いつまでも涼んでいたいところですが、

行きと同じ100円バスを利用するなら、

最終18時55分までなのでくれぐれもご注意を!


但し、一般バスも運行していて、

こちらの最終は20時48分とのこと。

※平日利用の場合


これは、受付の方に

優しく丁寧に教えて頂きました。


実は、山法師(食事処)の

怖い店員さんのイメージが強すぎて…

私、意外に繊細なんです(笑)


ビビりながら受付に声をかけたのですが、

今度は驚くほどに丁寧でした。


怖い人ばかりじゃない、ということが

分かって良かったです。←当たり前か(笑)

 

《100円バス》を利用する場合

f:id:chouchoutrip:20191007003540j:image
私は18時25分のバスを利用して
箱根湯本駅まで行きました。
 
往復ともに座席は空いてましたよ。
(平日利用ですが…)
 
バス停の場所は、
敷地を出て、川を渡ります。
坂の上まで登り、綺麗な小屋の前。
f:id:chouchoutrip:20191006193914j:image
こちらの前で待ちましょう。
 
「天山湯治郷」の看板の横にあるので
すぐ分かると思います。
 

《一般バス》を利用する場合

f:id:chouchoutrip:20191007003519j:image
(▲平日の時刻表)
 
最終時間は20時48分までありますが、
料金は230円かかります。
 
バス停は、
100円バスと同じ場所です。
 

まとめ:疲れたら訪れてほしい天山湯治郷!1日中ゆったり出来る癒し空間

というわけで今回は、
をレポートさせて頂きました。
 
雰囲気が良くて、
ゆったりと寛ぐこと出来る空間。
f:id:chouchoutrip:20191006193516j:image
f:id:chouchoutrip:20191006193555j:image
 
何よりも本物の温泉と出会え、
感動できる素敵な場所だと思いました。
f:id:chouchoutrip:20191006194049j:image
 
箱根の街を観光するのも良いですが、
箱根の地に湧き出る温泉に朝から晩まで
癒されるのも良いな、と思います。
 
そしてそれが出来る施設が
ここ「天山湯治郷」ではないか、と。
f:id:chouchoutrip:20191006193159j:image

 
  • 気が向いたら温泉に浸かり、
 
  • お腹が空いたら食事を楽しむ。
 
  • 箱根の絶景を眺めることも出来るし、
 
  • うたた出来る場所も揃っている…
 
 
 〜 最高の癒し空間 〜
 
 
ちょっとした注意点は、
  • 館内着やバスタオルの貸出がないこと
  • アメニティの用意がないこと
なので、必要な方は自分で用意しましょう。
 
また癒されに絶対来ようと思います。  
 

 

 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*