しゅしゅ旅日記

旅好き✧ゆとりOLの趣味ブログ

韓国ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出』を全話観た感想|ハラハラドキドキ度は韓ドラ歴代No.1(あらすじ・感想・評価・口コミ)

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

映画並みの映像や脚本に圧倒された

の感想や評価、口コミを紹介します。

 

f:id:chouchoutrip:20200708221749j:image

 

スペインの古都グラナダ を舞台に始まる物語。

 

日本ドラマではあり得ないロケ地に、

 

「 お金かかってるな~ !!!」

 

と韓国ドラマのスケールのデカさに感服しつつ、綺麗な街並み、CG、編集技術にあっけにとられた作品でした。

 

(これを映画でなく、ドラマでやっちゃうあたり本当にすごい!)

 

この作品をネタバレなし!!!  で語ることは難しく、ネタバレあり、なし 両方の感想を書くことにしました。

 

まだこのドラマをご覧になっていない方は、ネタバレありの記事は読まないようご注意ください。

 

スタート(*´꒳`*)ノ

 

 

 

 

あらすじ&感想(ネタバレなし)

 

韓国IT企業の社長、ユ・ジヌ(演:ヒョンビン)は、ある電話をきっかけにスペインの古都グラナダへ旅立つ。

 

f:id:chouchoutrip:20200708215622j:image

 

電話の主(セジュ青年)は、「このゲームはあの人には売りたくない。ボニータホステルで会いましょう」と…。

 

ジヌは、指定されたボニータホステルに向かったものの、セジュは現れず…。自身が開発したARゲームを残して姿を消したのです。

 

ジヌは早速ゲームを体験してみるのですが…。

 

このゲームがほんっっとに凄くて!ゲームに全然興味ない私ですが、が体験している様子をみて、一瞬で引き込まれました。

 

コンタクトレンズ型のゲーム機をつけると、目の前に広がるバーチャル世界。

 

  • グラナダの街並みとリンクし現れる刺客
  • バーチャルとは思えないキャラクター
  • ゲームの中だけで降るリアルな雨
  • エストが成功すると出現するアイテム

 

 

グラナダを舞台に仕掛けられた予想をはるかに超えるバーチャル世界、リアルな決闘には鳥肌がたちました。

 

 

実際ゲーム体験したジヌは、この斬新で新しいARゲームのライセンス契約を取得すべく調査に乗り出しますが…開発者セジュは依然行方不明のまま。

 

一方、ジヌのライバルであり、旧友でもあるヒョンソクもこのゲームのライセンス契約を狙っており、セジュの行方を探していました。

 

…そして。

 

この勝負に決着をつけたのはジヌ

 

開発者セジュは依然行方不明のままだったが、彼は未成年。ライセンス契約をするには保護者である姉ヒジュ(演:パク・シネ)と契約する必要があったのです。

 

ヒジュはというと、セジュが指定したホテル「ボニータホステル」の経営者で、先に接触することができたジヌがライセンス契約を結ぶことに。

 

ARゲーム取得の決着がついた2人(ジヌヒョンソク)は、今度はゲーム上で決闘。今までの恨みつらみを罵り合いながら戦うのですが…。

 

f:id:chouchoutrip:20200708213754j:image

 

この出来事が予想外のことを引き起こし、ジヌはスリリングで不可解な世界へ巻き込まれて行くのです…。

 

と、これ以上進めるとネタバレになってしますので一旦ストップしますね(笑)

 

AR=拡張現実」を題材にしたこの作品は、本当に考えた人天才!!! と思いました。

 

(この斬新な設定は、ポケモンGOから着想を得た、と何かの記事で読みました。)

 

スケールのデカさもさることながら、散りばめられた伏線や視聴者をワクワクさせる構成は本当に素晴らしく、先の展開が気になりすぎて3日で観終わってしまった…(寝不足は覚悟しておいた方が良いかも。笑)

 

ヒョンビン様とパク・シネちゃんのロマンスは少しだけ…ラブコメ至上主義の私ですが、このドラマにはこれぐらいで丁度よかったな、と思っています。

 

また、ヒョンビンの演技力には脱帽!!

 

愛の不時着から、ヒョンビン目当てで見始めたのですが、まるで別人。イケメンっぷりは変わらずなので是非見て頂きたいです(笑)

 

というわけで、ネタバレなしver はここまで。

 

ここから先はネタバレありver でお届けしますのでご注意くださいませ。

 

 

感想(ここから先、ネタバレあり!!!)

 

3話最後でヒョンソクが死ぬまでは、ARゲームを題材にしたラブロマンスなお話だと思っていましたが、全然違いましたね。

 

既に書きましたが、ロマンスはほんの少し。ただ、敵に追われ逃げ込んだ試着室でのキッス(笑)にはニヤけました♡

 

一方、ネットではこのような意見も。

 

時間ないのにチンタラ何しとんや(おっしゃる通りwww)

 

 

ARゲームの世界で死んだヒョンソクが、現実世界でも死んだと分かってからは、続きが気になって一気見でした。

 

f:id:chouchoutrip:20200708213832j:image

 

なぜARゲーム内で倒されると、現実世界でも死んでしまうのか。(最後まで謎でしたね。あえて言うならバグのせい…??)

 

そして死んだはずのヒョンソクが何度も襲ってくる恐怖。

 

f:id:chouchoutrip:20200708213850j:image

 

レンズをつけずともゲームが開始され、度々命を狙われるジヌ。ファンタジー、SFを通り越してホラーでした。

 

周囲からは、精神的におかしくなった…と言われ、代表の座を奪われるジヌ。誰にも信じてもらえず恐怖と戦い続けるなんて可哀想すぎる。。

 

ジヌはゲーム側に問題があると考え、開発者であるセジュを探すため、ゲーム内でのレベルを高めていくのです。(これでまたゲーム中毒とか言われて…泣)

 

レベルを高める過程では様々な新発見が!!

 

レベル50を過ぎると銃が使えるようになり、ユーザー同士が同盟を結ぶと武器や経験値を共有することが出来るのです。

 

ジヌは知らずに、弟のように可愛がっているソ秘書と同盟を結んでしまい、ソ秘書ヒョンソクが見えるように。

 

ジヌソ秘書は、(セジュに繋がるであろう)秘密のクエストを実行すべく、アルハンブラ宮殿に向かうのですが、なんと!!! ソ秘書は敵に襲われ死んでしまいます。

 

f:id:chouchoutrip:20200708220456j:image

 

まさか ソ秘書が亡くなるなんて…結構このシーンは衝撃で言葉にならないくらい悲しかったです。

 

それでも1人でアルハンブラ宮殿に向かったジヌに更なる衝撃が。

 

もうダメだ…死を覚悟した瞬間、ソ秘書が仲間として登場。

 

死んでも尚、ジヌを守ろうとしているソ秘書に涙が止まらなかった人も多いのでは??

 

そのアルハンブラ宮殿で手に入れたのは、天国の鍵。

 

 

天国の鍵とファティマの手が出会えば門が開いて宮殿が崩れるー。

 

ヒジュからアルハンブラ宮殿にまつわる伝説を聞き、天国の鍵をエンマゲーム内に存在する女神のような存在)に渡すとセジュを取り戻せるのでは、と考えます。

 

f:id:chouchoutrip:20200708220958j:image

 

 

そして遂に14話ー。

 

エンマと再会したジヌは、天国の鍵をエンマに手渡し、秘密のクエストが完了。…ちょうどその頃、開発者セジュが家族の元に戻ってきたのです。

 

f:id:chouchoutrip:20200708220855j:image

 

セジュも戻ってきたし、全ての謎がこれから解き明かされていくのだ、と全員(視聴者含め)が思ったことでしょう。

 

私も手放しで喜んだのに!笑

 

今度はジヌが行方不明に。(そんな…泣)

 

せっかく帰ってきたセジュも震えてばかり。語ってくれたことと言えば、

  • ゲーム内で敵となったマルコという友人から逃げていた
  • 自分はIDセジュしか入れないゲームの中の世界)の中に隠れていた
  • ある日、マルコが消えたから出てきた
  • 誰かがクエスト成功したからかも
  • その人(ジヌ)の居場所は知らない

 

って、おい!!

 

あんたの帰りをみーんな待ち望んでたのに。知らないって。あんたが作ったゲームやろ・・役立たずめ!!笑 

 

 

一方、ジヌエンマに再開し、クエストを完了させた時。何があったのかというとー。

 

エンマに天国の鍵を手渡したジヌ

 

f:id:chouchoutrip:20200708220926j:image

 

秘密のクエスト完了。新たなマスターになりましたー、と。

 

喜んだのも束の間、エンマジヌの胸に天国の鍵を突き刺します。

 

エラー音と共に表示される「バグを削除中」という文字。

 

エンマの顔が本気すぎて怖かったな。。

 

ジヌの苦しむ表情はこちらまで顔をしかめてしまうほど…本当にヒョンビン演技うまい!!

 

一旦はエンマから逃れるものの、全てを終わらせるため再びエンマの元へ。

 

そしてヒョンソクソ秘書たちと共にバグとして削除されたのです。(盛り塩のような残骸となっていました…泣)

 

生きてるのにバグってひどいよね。

 

 

それから1年後ー。

 

ジヌは行方不明のまま、ゲームは発売され、大ヒット。

 

誰もがジヌは死んだ、と諦める中、ヒジュだけが必ずどこかで生きている、と信じていました。

 

そんな中、ヒジュはゲームユーザーの会話を偶然耳にします。

 

「この前、銃を使うユーザーに助けられた。まだ銃を使えるユーザーはいないはずなのに。」

 

ヒジュはこの言葉でジヌが生きていることを確信し、ジヌに会うためゲームにログイン。

 

一方、銃を使う(ジヌらしき)ユーザーのシルエットがー。

 

と、ここで物語は終わりです。

 

 

てか、会えたよね…??

 

描写はありませんでしたが、私は、ジヌヒジュが再会出来たと信じています。

 

きっとマスターとなったジヌは、セジュが隠れていたIDに1年間いたんだ、と解釈しました。(無理やり。笑)

 

 

 

少々、結末に消化不良な部分は多い作品でしたが、こんなにもハラハラドキドキさせてくれたので私は満足です。

 

楽しい16時間ありがとー!!!と感謝申し上げたい。笑

 

 

物語の「謎」について考える

 

この物語の謎を自分なりに考えてみました。

 

作者の思惑とは違うかもしれませんが、こう考えると「モヤモヤ」が多少すっきりするかも??!

 

 

  • まず一番の謎は、なぜレンズを装着してなくてもゲームが再開されてしまうのか。

 (A)これは最大の謎でしたが、きっと「バグ」なんでしょう。

 

  • マルコはどこに行ったのか。バグとして削除してないよね。

(A)ジヌがクエストを完了させたことで消えた。

 

  • 足が悪いジヌですが、いつからゲーム内でスタスタ歩けるようになったのか。

(A)次第にレベルアップしたから。

 

  • 削除されたはずのジヌ。なぜ戻ってこれたのか。

(A)ゲーム上のジヌは削除されたが、現実世界のジヌはIDに隠れていたから。

 

 

ゲームの世界って、現実では起こり得ない事が起こりますよね。プログラマーの意図していない事が急に起こったり…。(これがバグ)

 

この物語は、誰も見たことがないARゲームを題材にしているのです。

 

なので、謎(誰も解明出来ないバグ)が残る終わり方…これは結構リアルでありなんじゃない?!と個人的には思います。

 

 

評価(94点/100点)

 

世間的には賛否両論ある終わり方をした「アルハンブラ宮殿の思い出」。

 

視聴者としては全て明らかになって終わってほしい気持ちも分かるので否定的な意見があっても仕方ないかな、と思います。

 

項目別評価はコレ!! 

おすすめ度:★★★★★(5.0)

胸キュン度:★★★☆☆(3.0)

ストーリーの面白さ:★★★★☆(4.0)

コメディー要素:★☆☆☆☆(1.0)

泣ける度:★★★☆☆(3.0)

 

ハラハラドキドキ度は、今まで見てきた韓ドラNo.1だと思います!!

 

正直、恋愛要素は少なめでしたが、試着室キスは誰もがキュンッとするはず♡(とにかくヒョンビンがかっこいいの)

 

また誰もが見たことない世界(ARゲームの世界)を見させてくれるこのドラマは本当におすすめ!

 

 

最大のバグは作者だ!!!

 

なんて意見もあるようですが。。

 

私は、作者さんの斬新な発想力に拍手を送りたいです。

 

(総合得点)94点/100点

 

 

まとめ

 

というわけで、今回は

の感想をお届けしました。

 

f:id:chouchoutrip:20200708221425j:image

 

ARゲームの世界という斬新な設定、先の読めないスリリングな展開にハラハラドキドキが止まらず、ラブコメ至上主義にも関わらず高評価をしてしまいました!笑

 

全ての謎が明らかになることはありませんでしたが、それはそれでリアルなのかも。(現実世界で未だに解明されない謎があるように、ARゲームの世界でも謎が残ったままでも何ら不思議ではない)

 

また多くの人が「愛の不時着」を見て、ヒョンビン目当てで流れ着いたであろうこの作品。

 

ヒョンビンは見事に別人を演じていましたね。演技のうまさに拍手でした!(イケメンぶりは健在)

 

ヒョンビンファンは勿論見るべきですし、特にゲーム好きだという人には是非おすすめしたいドラマです。

 

f:id:chouchoutrip:20200708221447j:image

 

近い将来、このようなゲームが発売されるかもしれませんよ。

 

 

 

その他  韓国ドラマ関連記事はこちらから。

 

 

ではまた٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*