しゅしゅ旅日記

旅好き✧ゆとりOLの趣味ブログ

【美食の宿】湯河原温泉 オーベルジュ湯楽に一人泊した感想|4種の源泉掛け流し

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

今回は、女一人旅で訪れた

に宿泊した感想を写真付きで紹介したいと思います。

 

f:id:chouchoutrip:20200513230310j:image

 

 

女一人旅ということもあり、観光よりも食事と温泉‼︎‼︎‼︎ 重視して選んだ宿ですが、実際泊まってみて

 

大大大満足

 

特に食事に関しては、

 

さすが「オーベルジュ」と謳っているだけあり、食事でこんなにワクワクさせられた宿は初めてでした。

 

こうやって執筆をしながらも、贅沢な時間を思い出してはニヤニヤ・・笑

 

最近はコロナの影響で旅行はおろか、外出さえままならない状況ですが、いつか旅行が解禁になった際には是非訪れて頂きたい、という思いを込めて、正直な感想を綴りたいと思います。

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 美味しい食事の宿を探している人
  • 源泉掛け流しの宿を探している人

 

 

スタート(*≧∀≦*)

 

 

 

 

 

1、意外にお手頃価格!楽天トラベル「さき楽60」でお得に宿泊

 

オーベルジュと聞くと「なんだかお高そう…」と嫌厭される方もいらっしゃるかもしれません。

 

実際私もその一人でした。

 

しかし今回見つけた宿泊プランが、13,800円(税込)

 

60日前までに予約が必要なプランではありますが、この金額で本格的なコース料理とこだわりの温泉、しかも宿泊まで出来るというのですから…テンション上がって即予約しちゃいました。

 

簡単にプラン内容を紹介すると、

  • 部屋:8畳和室・バストイレなし ※部屋向かいに専用トイレあり
  • 食事:夕食・朝食付き ※夕食は「湯楽特選コース」
  • 風呂:大浴場以外に貸切風呂も無料で利用可

 

後ほどレポートしていきますが、この食事を都内のレストランで食べるといくらになるだろう…と想像しながら読んで頂くと、いかに破格か!!!!  を実感していただけると思います。

 

 

2、オーベルジュ湯楽ってどんな宿?

 

オーベルジュ湯楽は、湯河原駅から車で約10分の場所にある温泉旅館です。

(最寄のバス停「藤木橋」までは徒歩1分ほど。)

 

 

名前に「オーベルジュ」と謳っているだけあり、料理がおいしいことで有名

 

行きに利用したタクシーの運転手さんも「あそこは料理が評判いいねぇ」とおっしゃっていましたから期待で胸が膨らみます。

 

実際、ある旅行ブロガーさんも、2019年料理がおいしかった宿第1位に選んでいるほどなんですよ。


f:id:chouchoutrip:20200513230544j:image

 

 

到着すると、チェックインはフロントにあるソファで行います。

 

f:id:chouchoutrip:20200513230657j:image

 

その際、食事の時間や貸切風呂の予約をします。

 

ちなみに食事の時間は、

  • 夕食:18時  or  18時半
  • 朝食:8時  or  8時半

から選択する、という感じでした。

 

建物自体は、綺麗に掃除されていて気になる点は全くありません。

 

しかし、宿泊する別館への移動がとても遠かったのを覚えています。

 

スタッフの方が部屋まで荷物を運んでくれるのですが、途中私の気持ちを察したのか「ちょっと遠いんですけど」と苦笑い…

 

もう笑ってもうてるやん!

 

それもまた楽しかったのですけどね。笑

 

 

そして慣れるまでは本当に迷路!

 

f:id:chouchoutrip:20200513230800j:image

 

(しかも案内図もイマイチわかりづらい…)

 

f:id:chouchoutrip:20200513230822j:image

 

お風呂行くのにも、食事に行くのにも、部屋に戻るのも…とにかく迷いました。

 

…まっ。これもまた楽しかったのですけどね。笑

 

 

 

 

3、【部屋】Wi-Fiも快適!空きがあればグレードアップもしてくれる

 

f:id:chouchoutrip:20200513230942j:image


f:id:chouchoutrip:20200513230945j:image

 

案内された部屋は、落ち着いた雰囲気の和室。

 

(畳の匂いが落ち着きますねぇ…)

 

f:id:chouchoutrip:20200513231128j:image

 

初めから布団が敷かれている状態なので、すぐにゴロゴロ出来ます。笑

 

(この布団がメチャクチャふかふかで気持ちよかった…)

 

 

部屋は8畳でしたが、


f:id:chouchoutrip:20200513231350j:image

 

1人には本当ちょうど良い大きさでした。

 

 

しかも、この日は平日で空きがある、ということで洗面・トイレがあるお部屋にグレードアップして頂きました。

 

(数千円安くなるので、洗面・トイレが廊下にあるタイプの部屋を予約していたのですが…めっちゃラッキー★)

 

 

 

そして、その洗面スペースがこちら。

 

f:id:chouchoutrip:20200513231702j:image

 

右の扉がトイレです。※部屋にお風呂はありません。

 

洗面台に置かれたアメニティも十分で、

  • 髪ブラシ
  • 歯ブラシ
  • シートマスク など…

が用意されており、不便はなかったです。

 

f:id:chouchoutrip:20200513231836j:image

 

ドライヤーも使用しましたが、風量も問題なしです。

 

 

 

部屋着には、浴衣が用意されていて、

 

f:id:chouchoutrip:20200513231926j:image

レストランでも着用可能ということでした。

 

(お洒落なレストランなので浴衣着て行って本当に良いのかな…と不安に思いましたが、実際着用されている方もいたし、全然おかしくなかったです。)

 

 

 

 

冷蔵庫はありますが、飲み物は有料。

 

f:id:chouchoutrip:20200513232029j:image

 

廊下には自販機がありますし、湯楽文庫というライブラリールームにも水やコーヒーなどの飲み物が置いてありますので、そちらに取りに行くのもありだと思います。(ただ少し遠いのが難点ですが。)

 

f:id:chouchoutrip:20200513232134j:image

 

 

 

 

部屋からの眺めは、素敵マウントビュー!


f:id:chouchoutrip:20200513232228j:image

 

箱根の山々でしょうか…(違うかも←適当。笑)

天気が良かったこともあり、とても綺麗でしたよ。

 

 

 

 

そんな景色を楽しみつつ、きなこ餅のようなお茶菓子を頂いたのですが、

 

f:id:chouchoutrip:20200513232439j:image

 

こういうちょっとしたお菓子って、家では食べる機会がほぼないので、特別感が増して嬉しいんですよね。お茶と一緒に頂きました。

 

f:id:chouchoutrip:20200513232446j:image

 

 

 

夕食までの時間は、YouTubeを見たり、漫画を読んだり…ゴロゴロと過ごしましたが、Wi-Fiは全く問題なく使用することが出来ました。

 

f:id:chouchoutrip:20200513232730j:image

 

 

 

4、【食事】特別感を味わう!料理、スタッフ、雰囲気全てが◎

 

食事は、夕朝ともに「ピノクラーレ」というレストランで頂きます。

 

f:id:chouchoutrip:20200513232828j:image


f:id:chouchoutrip:20200513232841j:image

 

 

お料理はもちろん、スタッフや店内の雰囲気も良くて、

 

f:id:chouchoutrip:20200516223816j:image

 

窓からの景色も最高!

 

なんとも言えない特別感を味わうことが出来ましたよ。

 

 

4−1.夕食:「イタリアン+和」の創作コース料理

 

ここ オーベルジュ湯楽の料理は「イタリアン+和」のコース料理ですが、夕食に関してはお刺身と最後の〆以外はイタリアン強めのコース料理でした。

 

f:id:chouchoutrip:20200518003804j:image

 

料理の内容が毎月変わるということで、当日までどういった料理が出されるのかお楽しみなんですよ!(ふふふ…)

 

なので、テーブルの上に準備されたお品書きを読むだけで一気に気持ちが高まりました。

 

 

まず一皿目が、

 

f:id:chouchoutrip:20200517160344j:image

 

なんて鮮やか!笑

 

クリームチーズとビーツのソースが爽やかでサーモンとよく合いました。

 

 

前菜がもう一皿あります。


f:id:chouchoutrip:20200517160421j:image

 

地野菜が美味しいのと、上に乗っているパリパリが面白かったです。

 

 

続いては、大好きなお刺身なのですが…

 

f:id:chouchoutrip:20200517160517j:image

 

こんな可愛い盛り合わせ見たことないよ!笑

 

左から、ほうぼう、こち、かわはぎ のお刺身です。

 

 

黄色いお花も可愛いけど、

 

f:id:chouchoutrip:20200517160555j:image

 

この大根、可愛すぎやしませんか♡

 

 

 

温菜のお皿は、

 

f:id:chouchoutrip:20200517160643j:image

 

シチューみたいな感じ…パセリの緑が綺麗!

 

 

 

お魚料理は真鯛のグリルで、


f:id:chouchoutrip:20200517160757j:image

 

この日1番のお気に入りでした。

 

端にちょこんと乗っているソースタプナードと言うらしい)が濃い味で、ほんッッとに美味しかった!淡白な鯛の身にぴったりなんですよねぇ。

 

 

この時点でお腹も膨らんできたんですけど、メイン2皿目。

 

f:id:chouchoutrip:20200517160901j:image

 

このお肉嫌いな人いないでしょ…安定の美味しゅうございました!

 

 

最後の〆は、

 

f:id:chouchoutrip:20200517161130j:image

 

梅と新生姜の炊き込み御飯。

 

お代わりOKらしいので、お腹に余裕がある方はどうぞ。

 

 

 

最後に、

 

デザートのプレートも超オシャレなんですけど!

 

f:id:chouchoutrip:20200517161226j:image

f:id:chouchoutrip:20200517161214j:image

 

緑のアイスクリーム何だと思います?

 

なんと、バジル

 

(キイタコトナイヨー)

 

しかも、これまた美味しくて感動しました。

 

その他は、湘南ゴールドのコンポート、フロマージュ、温かい紅茶と頂きました。

 

 

終始わくわくが止まらないディナーだったんですけど、今この記事を書きながら携帯の写真フォルダを見返すと異様に色とりどり。笑

 

全部のお皿に驚きと感動があって、一人の食事でこんなに楽しめたこと、未だかつてなかったと思います。笑

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

4−2.朝食:おかずの数が多くて嬉しい

 

昨夜同様、朝食にもしっかりとしたお品書きがあり、

 

f:id:chouchoutrip:20200518003838j:image

 

朝から「特別感」を楽しませて頂きました。

 

 

 

朝食は基本的に和食なんですが、おかずの数が多くておいしかったです。

 

f:id:chouchoutrip:20200517161435j:image

f:id:chouchoutrip:20200517161438j:image

 

 

特に干物が美味しかったのを覚えています。

 

f:id:chouchoutrip:20200517161527j:image

 

でも何の魚か忘れてしまった…笑

 

 

朝からお野菜もしっかり摂取!

 

f:id:chouchoutrip:20200517161559j:image

 

 

 

デザートのパンナコッタとコーヒーも非常においしかったです。

 

f:id:chouchoutrip:20200517161626j:image


f:id:chouchoutrip:20200517161629j:image

 

 

こんな朝食が毎日食べられたら幸せだろうなぁ…と贅沢を噛みしめながら頂きました。

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

 

5、【風呂】源泉掛け流しの露天風呂が素晴らしい!4つのお風呂を比較

 

オーベルジュ湯楽には、時間帯によって男女交代の風呂が2つ、予約制の貸切風呂が2つあります。

 

私が予約した宿泊プランでは、貸切風呂が1回無料で利用出来る、というプランでしたが、当日空きがあったため、貸切風呂を無料で2箇所利用させて頂きました。

 

 

特に素晴らしい!!!! と感じたのは「貸切 露天風呂」です。


f:id:chouchoutrip:20200517161807j:image

 

景色といい、お湯といい、

 

最高!

 

 

屋根に通されたパイプ(?)から新鮮なお湯が掛け流されています。


f:id:chouchoutrip:20200518001807j:image

f:id:chouchoutrip:20200518001812j:image

 

 

露天風呂までのちょっとした道のりも雰囲気が良くて、

 

f:id:chouchoutrip:20200518002018j:image


f:id:chouchoutrip:20200518002025j:image

 

気分が上がりました。

 

 

f:id:chouchoutrip:20200518002132j:image

 

ただ、露天風呂に繋がるこの扉がなかな開かなくて苦戦したことは内緒です。笑


f:id:chouchoutrip:20200518002136j:image

 

 

 

もう一方の「貸切 半露天風呂(石風呂)」は、夕食後に入りました。


f:id:chouchoutrip:20200518002305j:image

 

体を洗うのであれば、こちらの方が洗い場もきちんとあって良かったです。

 

 

石風呂の後に、せっかくですから「大浴場」にも行ってみましたが、

 

f:id:chouchoutrip:20200518002514j:image

 

かなり広かったです。

 

 

古代檜風呂も気になりましたが、

 

f:id:chouchoutrip:20200518002603j:image

(HPより)

 

時間の都合上、入れませんでした。

 

HPで見てみると「柔らかさが増したお湯」というのが気になるので、次回の楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

6、まとめ:料理も温泉も素晴らしい!別の季節に絶対再訪したい宿

 

オーベルジュ湯楽は料理がおいしい宿ですが、お湯もすばらしく、すっかりファンになってしましました。


f:id:chouchoutrip:20200518002724j:image

 

 

私が普段宿泊する宿に比べると、少し贅沢なお値段ではあるのですが、この料理(特に夕食!)を都内で食べるといくらになるんだろう…と考えると決して高くはないと思います。

 

f:id:chouchoutrip:20200518003026j:image

 

また、毎月メニューが変わる宿なので、季節を変えて絶対再訪しよう!と心に誓いました。

 

お安い宿ではないですが、都内からだと交通費も抑えられるため、たまの贅沢を味わうには最高の宿ではないでしょうか。

 

 

 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*

【The CAFE|町田駅】歴史ある喫茶カフェでモーニング!20分間じっくり焼き上げるパンケーキとは

【訪問日:2020年2月9日(日)】 

 

 

おはようございます。しゅしゅ子です。

 

先日、日曜日に早起きをして、東京・町田駅のカフェで朝食を頂きました。

 

パンケーキが有名だという「The CAFE」というお店へ。

 

駅近で雰囲気もよく、「また行きたいな」と思うお店だったので感想を綴りたいと思います。

 

スタート(*´꒳`*)

 

 

 

1.The CAFEとは

東京・町田駅から徒歩3分のところにあるカフェ。

 

以前は「喫茶 プリンス」として半世紀以上営業していたようですが、現在は名前を変え、「The CAFE」として営業しています。

 

f:id:chouchoutrip:20200209125503j:image 

 

 

小田急町田駅の西口改札を出て、左方向へ進みます。 

 

 

私は間違って右方向へ進んでしまったので、遠回りして5分くらいかかりましたが、普通3分もあれば到着すると思います。

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125620j:image 

この写真↑で言うと、サンドラッグの奥が今回の目的地「The CAFE」の建物。

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125534j:image

 

1階には靴屋が入っており、その上2階が「The CAFE」です。

 

靴屋とレンガ造りの2階のギャップが…。なんか味があって良いな。

 

期待が高まります!

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125449j:image

 

それでは、階段をのぼり2階へ行ってみましょう。

 

f:id:chouchoutrip:20200209125603j:image

 

 

 

2.The CAFE*こだわりパンケーキ

 

階段をのぼると「いらっしゃいませ」と可愛い店員さんが扉を開けてくださいました。

 

f:id:chouchoutrip:20200209125623j:image

 

 

入店したのは、8時50分頃。

 

開店時間は8時30分なのですが、既に1組のお客さんがいました。

 

窓際にはソファ席が設けられていましたが、今回私は1人なので店の中央部分にあるカウンター席へ案内していただきます。

 

f:id:chouchoutrip:20200210152725j:image

 

カウンター席があると1人でも利用しやすいですね。

 

フリーWiFiやコンセントが使用出来ます。

 

あとから来たお客さんの中には、パソコンを持ち込み、カフェミーティングしている人もいましたよ。

 

 

一方、ご夫婦かな??というカップルは、窓側のソファ席で仲睦まじく朝ごはんをゆっくり食べているようでした。

 

f:id:chouchoutrip:20200209125611j:image

 

すごく素敵な朝の過ごし方だな、と羨ましく思ったり。

 

 

席に着いたところで、店員さんがお水とメニューを持ってきてくれます。

 

今の時間帯(10時半まで)であれば、朝限定のモーニングセット or 通常メニュー、どちらも頼めるようなのですが…

 

f:id:chouchoutrip:20200209125518j:image

 

20分かけてじっくり焼き上げます

 

という殺し文句にやられて、通常メニューから「プレーンパンケーキ」を注文しちゃいました。カフェラテと一緒に。

 

 

注文して間もなく、カフェラテが運ばれます。

 

f:id:chouchoutrip:20200209125527j:image

 

綺麗なアートがほどこされて(笑)

 

パンケーキが来るまで小説を読みながら、カフェラテを楽しみます。

 

 

そして本当に20分待ち、

 

f:id:chouchoutrip:20200209125452j:image

 

パンケーキの登場!

 

 

運ばれた瞬間、ふわっと甘い香りが…♡

 

f:id:chouchoutrip:20200209125501j:image

 

熱々のうちに頂きます!

 

ますは何もつけずに。パクッ。うんま~!!

 

海老名たまごというこだわりの卵を使用しているようで、たまごの風味がふわっと香って美味しい。

 

全体的にふんわり、中がほんの少しトロッとしているような。そんなパンケーキです。

 

 

続いて、周りのソースや、アイスクリームをつけて頂きました。

 

こちらも美味しいのですが、なんだか変わったお味。

 

シナモンなどのスパイスを効かせているようで……ん??!

 

そうだ!チャイの味がする!!!(笑)

 

 

個人的には、

 

やっぱりメイプルシロップが1番やろ

 

と思いましたが、これはこれで美味しかったですよ。

 

でもやっぱり王道メイプルが食べたかったなぁ。

 

 

ちなみに、パンケーキの横には

 

f:id:chouchoutrip:20200209125557j:image

 

ベリー入りのハニーソースがついています。

 

こちらもチャイの味でした(笑)

 

 

【今回のお会計】

  • プレーンパンケーキ(¥860)
  • カフェラテ(¥480)

 

 

  

3.The CAFE*モーニングメニュー

 

朝8時半~10時半までオーダー可能なのが、

 

f:id:chouchoutrip:20200212124515j:image

 

モーニングセットです。

 

 

せっかく早起きしたなら、絶対このセット食べるべきでしたね。

 

 

私の向かいに座った人も、ソファでくつろぐ人も。

 

みーんなモーニングセットを美味しそうに食べていましたから(笑)

 

 

基本は、「トースト」「コールスローサラダ」「ヨーグルト」「ドリンク」がついて480円なのですが、お好みに合わせて、トッピングも可能

 

トッピングは、

  • トースト追加 ¥80
  • スープ ¥100
  • ハムエッグ ¥150
  • スクランブル ¥150

から追加出来ます。

 

この日のスープは、ミネストローネ or クラムチャウダー から選べるようでした。(日によって異なるかは分かりません)

 

 

こんがりきつね色に焼かれた、分厚いトーストが写真より断然美味しそうだったので、次回リベンジしたいと思います。

 

 

 

4.The CAFE*その他 メニュー 

 

営業時間内(8:30~23:00)であればいつもで注文できる通常メニューも美味しそうでした。

 

メニューは注文後、回収されてしまいましたので(笑)、

 

f:id:chouchoutrip:20200212124601j:image

 

店前のショーウィンドウより紹介します。  

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125608j:image

 

↑↑↑↑↑↑

ベーコンスクランブルプレート(¥880)

 

このプレートは朝食にもぴったりですね。

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125456j:image

 

↑↑↑↑↑↑

ローストチキンサラダプレート(¥980)

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125511j:image

 

↑↑↑↑↑↑
ポークカツレツプレート(¥980)

 

歴史ある喫茶店のカツレツ絶対美味しいと思う…。

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125524j:image

 

↑↑↑↑↑↑
3日仕込みのビーフシチューセット(¥1680)

 

絶対お肉トロトロのやつでしょ??!

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125521j:image

 

↑↑↑↑↑↑
ナポリタン(¥980)

 

昔懐かしい味がするんだろうなぁ。

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125548j:image
 
↑↑↑↑↑↑
ミートソースパスタ(¥1030)

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200209125545j:image

 

↑↑↑↑↑↑
シーフードグラタン(¥1030)

 

 

 

他にも、

  • ラザニア
  • オニオングラタンスープ  など

の冬季限定メニューだったり、

 

デザートも頂くことが出来ます。

 

  

5.まとめ*【満足度】★★★☆☆(3.0)|お洒落な店内はフリーWiFiも使えるので長時間くつろげる 

 

評価:5点満点方式

★★★★★(5.0):感動!人にオススメしまくりたい!

★★★★☆(4.0):大満足!遠くても絶対再訪したい

★★★☆☆(3.0):普通に満足!近ければまた行きたい

★★☆☆☆(2.0):少し残念!一度行けばもういいかな

★☆☆☆☆(1.0):最悪!二度と行かない

 

f:id:chouchoutrip:20200209125626j:image

 

駅近で利用しやすい点、雰囲気の良さが素晴らしく、また絶対再訪したいお店です。

 

私は日曜日に利用しましたが、目立った混雑はなく、10時頃には1/3程の席が埋まっていたものの非常に静かでゆっくり出来る雰囲気でした。

 

(店内にはジャズの曲がかかっていて良い感じです)

 

 

また、カウンター席が用意されていたり、フリーWiFi、コンセントがある点も、一人客に優しく、長時間ゆっくり出来そうです。

 

 

お手洗いも利用させて頂きましたが、広くて清潔な印象でした。

 

f:id:chouchoutrip:20200209125537j:image

 

 

ただ残念なことに、今回頂いたパンケーキが私の舌には合わなかったので、次回は迷わず「モーニングセット」一択です

 

f:id:chouchoutrip:20200209125616j:image

 

 
 
 
 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*

【写真付で解説!】星野リゾート『青森屋』のバイキングメニューを紹介します

【2019年11月24日(日)~25日(月)】

 

 

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

今回の記事では青森一人旅をした時に宿泊した

を紹介したいと思います。

 

 

青森屋にある食事処は3種類あり

  • のれそれ食堂:バイキングスタイル
  • みちのく祭りや:ディナーショー
  • 南部曲屋:豪華コース料理

それぞれ個性豊かな食事スタイルを楽しむことが出来ます。

 

 

今回は、食いしん坊な私にピッタリなバイキングスタイル「のれそれ食堂」を選んだのですが…これが大正解でした。

 

f:id:chouchoutrip:20200208194346j:image

 

というのもここのバイキングは、青森の郷土料理が豊富で、青森を存分に愉しませてくれる食事だったのです!

 

まさに青森屋のテーマ「青森を愉しむ宿」にピッタリの食事処。

 

f:id:chouchoutrip:20200201171127j:image

 

私は興奮して、何度も何度もお代わりをしに行きました。

 

人間の食欲って恐ろしい(笑)

 

ということで今回は、青森屋への宿泊を考えている人のために、青森屋のバイキング「のれそれ食堂」の感想を記録しておこうと思います。

 

 

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 青森屋の食事プランを悩んでいる人
  • 青森屋のバイキングメニューを知りたい人

 

スタート(*´꒳`*)

 

 

 

 

1.青森屋バイキング会場の雰囲気とは 

 

古民家をイメージさせる会場は、落ち着いて食事が出来る雰囲気でした。

 

 

照明は少し暗めですが、全然嫌な感じはしません。

 

(むしろ間接照明が良い雰囲気なの)

 

 

↑↑↑↑↑

この写真の左側が、食事が並ぶスペース。

右側が食事スペース。

 

というように、完全にスペースが分離されているため、食事している横でガヤガヤしているということもなく落ち着いて食事を楽しめました。

 

 

会場入口には、東北の冬を思わせる、懐かしのストーブが・・。

 

 

 

食事スペースは、というと

 

f:id:chouchoutrip:20200130131100j:image

 

こちらも間接照明で料理が美味しそうに照らされ、食欲爆発(笑)

 

 

常にお店の方達が、少なくなってきた料理の補充をしてくれるので、食べたいものが補充待ち、なんてことは一切ありません。

 

 

こちらは、お刺身の提供が行われるスペース。

 

f:id:chouchoutrip:20200130131009j:image

 

わらび茸、まぐろ、帆立、サーモンを好きな分量だけ注文します。

 

(こちらの前は大行列が起こっていましたねw)

 

 

 

そしてこちらが食事スペース。

 

f:id:chouchoutrip:20200130130921j:image

 

2名以下のお客さんは、仕切りがないテーブルへ案内されるようです。

 

その場合、テーブルとテーブルの間が少し狭いかなぁ、と感じました。

 

私はそこまで気になりませんが、気になる人は気になるかな と思ったので、あえて記載させて頂きます。

 

 

2.青森屋*夕食のバイキングメニューとは

 

ここからは、気になるバイキングメニューを紹介します。

 

 

一番人気だったのは、

 

 

やはりお刺身ですね!!!

 

帆立が肉厚で甘く、サーモンがの脂が本当に美味しかった!

 

 

私もしっかりお刺身頂きましたよ。

 

(でも悲しい事に、お刺身はすぐに品切れになり、一巡しか出来なかった)

 

 

f:id:chouchoutrip:20200130131024j:image

 

帆立の網焼きも美味しかったな〜!

 

会場内の網で焼いてくれるから熱々ぷりぷりで…たまらん!!

 

 

会場の奥に進むと、

 

f:id:chouchoutrip:20200130130901j:image

 

ステーキの鉄板焼きとラーメンを提供してくれます。


f:id:chouchoutrip:20200130131020j:image

 

青森らしく、特製りんごソースで頂きます。

 

 

磯ラーメンは、あっさり味で、食事の〆に最高でした!

 

f:id:chouchoutrip:20200130131126j:image

 

トッピングはお好きなものを!

 

私は、ほたて・わかめ・めかぶ・ねぎの全部乗せ!!!笑

 

 

この夜1番のお気に入りが、姫にんにくのてんぷら。

 

f:id:chouchoutrip:20200130130918j:image

 

芽の部分から根までをカラッと揚げ、衣の中身はほくほくぅ〜!

 

何個でも食べられちゃう。

 

恥ずかしながら5個は頂きました(キリッ)

 

f:id:chouchoutrip:20200130130924j:image

 

抹茶塩もありましたが、にんにくの場合は普通のお塩が一番だな。

 

 

 


f:id:chouchoutrip:20200130130950j:image

 

天ぷらは、姫にんにく以外にも「えび」「かぼちゃ」がありました。


f:id:chouchoutrip:20200130131032j:image

 

↑↑↑↑↑↑こちらのゾーンには、

  • 帆立の醤油焼き
  • 長芋磯部揚げ
  • 鮭の味噌焼き
  • さめの蒲焼き
  • 鯖の竜田揚げあんかけ

 

f:id:chouchoutrip:20200130130908j:image

 

 

 

この食堂おすすめだという、

 

f:id:chouchoutrip:20200130131036j:image

 

蒸しほや。う~ん…見た目がグロテスク。

 

初めて食べましたが何だろう、これ(笑)

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200130131104j:image

 

青森名物のせんべい汁もあります。

 

お鍋の隣に置いてあるおせんべいを自分でトッピングして仕上げるんですね。

 

 

汁ものは他にも、

 

f:id:chouchoutrip:20200130131013j:image

 

長芋スープがありました。

 

(青森は長芋も有名なの…??)

 

スープと呼んでいいのか分かりませんが、カレーやビーフシチューもありましたよ。

 

 

食事の途中には、こちらで箸休め(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20200130131109j:image

 

氷頭なますが程よい酸味で美味~!お口リセットでまだまだイケる(笑)

 

 

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/chouchoutrip/20200130/20200130131113.jpg

 

↑↑↑↑↑↑

普通のサラダたちもありがすが、

 

f:id:chouchoutrip:20200130130927j:image

 

↑↑↑↑↑↑

ひと手間加えられた鯖燻製のサラダも美味しいです。

 

 

 

ごはんのお供は、お土産に持って帰りたくなる美味しさ。


f:id:chouchoutrip:20200130130939j:image

 

↑↑↑↑↑↑

立山葵漬けは、わさびが効いてるので、たまにツーンと涙目に(笑)でもめちゃウマ!!

 


f:id:chouchoutrip:20200130130914j:image

 

↑↑↑↑↑↑

こちらの烏賊三升漬けは、ごはんが進みます。

 

(お酒飲まれる方は、お酒も進むと思うww)

 

 

 

定番のお漬物もあります。 


f:id:chouchoutrip:20200130131045j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • 甘辛大根漬け
  • にんにくのしそ漬け
  • キムチ漬け

 

 

小さい子が喜びそうな、

f:id:chouchoutrip:20200130131005j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • フライドポテト
  • 鶏唐揚げ
  • グラタン(らしきものが奥にありますね)

 

 

こちらはがっつり系おかず…


f:id:chouchoutrip:20200130131016j:image

↑↑↑↑↑↑

  • 山菜にしん
  • 麻婆豆腐
  • 豚角煮

 

 

 

私が大好きな炭水化物は、うどんや白ごはん、帆立ごはん等があったように記憶しています。

 

 

食後には、デザートも食べ放題。

 

既にお腹がいっぱい過ぎて、あまり食べれなかった…

f:id:chouchoutrip:20200201150851j:image

 

と言いつつ、このプリンが濃厚で美味しくって。お代わりしちゃったんだよな…

 

 

 

最後にさっぱりしようと、


f:id:chouchoutrip:20200130130911j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • 林檎のソルベ
  • 林檎のシロップ漬け

 

ソルベの中には角切りリンゴが入っています。美味しいことはもちろん、食感も楽しくて良いデザートでした。

 

f:id:chouchoutrip:20200130131053j:image

 

ごちそうさまでした!!

 

 

アルコール類は有料

 

私はお酒を飲まないのであまり気にならないのですが、アルコール類は有料でした。

 

(バイキング形式だと大体有料ですかね)



f:id:chouchoutrip:20200201171813j:image

 

各テーブルにドリンクメニューが置いてありました。

 

アルコールだけではなく、ソフトドリンクも有料です。無料ドリンクはお茶や水は置いてあったように思いますがジュースはなかった…と思います。


f:id:chouchoutrip:20200130131001j:image

 

青森の地酒イイですね。私も舌が大人になったらクイッとやってみたい(笑)


f:id:chouchoutrip:20200130131041j:image

 

 

3.青森屋*朝食のバイキングメニューとは 


朝食は、昨夜と同じ会場で頂きます。

 

昨夜は食べ過ぎて、朝になっても全然消化出来ておらず、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151405j:image

 

あっさり行こう!と取ってきたのがこちら↑↑↑(笑)

 

(左上の皿:うさぎのエサかな、と思わせる少量のおかず達が映えなくてスミマセン。。)

 

 

それはさておき、バイキングの朝食ってどこのお宿も一緒じゃない??!なんて思っていました。

 

 

が!!!!

 

ここ青森屋の朝食バイキングは、どこまでも青森推しです。

 

f:id:chouchoutrip:20200201151425j:image

 

特に、この朝一番のお気に入りメニューは「うめじゃ丼」という自分で作る海鮮丼です。

 

朝から海鮮丼なんてテンション上がるわ!

 

サーモン、甘エビ、ネギトロ、イカ、めかぶ、とろろ、という具材を好きなだけ熱々ごはんに乗っけて頂きます。

 

f:id:chouchoutrip:20200201151330j:image

 

ねっとりとした甘エビ、こりこりのイカが朝から幸せ〜な気持ちにしてくれました。

 

うめじゃ~!!!

 

 

白ごはんが何杯でもいけちゃうお供たちが…

 

f:id:chouchoutrip:20200201151428j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • 赤かぶ漬け
  • ごんぼ漬け
  • 青のりわかめ
  • いか塩辛
  • 南蛮味噌

 

朝から満腹でノックダウンな予感(笑)

 

 

 

お味噌汁も青森らしく、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151335j:image

 

底に帆立がごろごろと沈んでいるのでしっかり混ぜてからよそって下さい。

 

お味噌汁でほっこり。

 

こんな贅沢なお味噌汁食べたことあるかしら…??日本人で良かったと思う瞬間です。

 

 

f:id:chouchoutrip:20200201151339j:image

 

けの汁なんてものもありました。

 

 

 

おかずには、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151333j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • たらこ和え
  • 長芋のサクサク揚げ

 

 

f:id:chouchoutrip:20200201151408j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • 鯖味噌煮
  • 紅鮭焼き
  • コロッケ
  • ポテトボロネーゼ

 

(奥には納豆がチラリと見えますね)

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200201151346j:image

 

↑↑↑↑↑↑

お粥の用意もあります。

朝はあんまり食べられない…という方にも優しいですよね。

 

 

 

驚いたメニューといえば、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151414j:image

 

カレーにりんご。どんなんだろう…

 

このカレーを見つけた時、お腹がいっぱい過ぎて挑戦出来なかったことを今更後悔中です。。

 

 

 

 朝はパン派!洋食派!!という方の為にも、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151343j:image

 

↑↑↑↑↑↑

パンがずらーり、と。

 



f:id:chouchoutrip:20200201151400j:image

 

↑↑↑↑↑↑

  • スクランブルエッグ
  • ソーセージのソテー など

 

洋食モーニングの定番が並びます。


f:id:chouchoutrip:20200201151422j:image

 

↑↑↑↑↑↑

ベーコンもお忘れなく(笑)

 

 

パンに合わせるなら、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151350j:image

 

↑↑↑↑↑↑

かぼちゃスープが美味しそうでしたよ。

 

 

 

旅行中不足しがちなお野菜たちも、


f:id:chouchoutrip:20200201151354j:image

 

↑↑↑↑↑↑

 

色とりどりのサラダを、

 

f:id:chouchoutrip:20200201151411j:image

 

↑↑↑↑↑↑

お好きなドレッシングをかけて。

  • わさびドレッシング
  • フレンチドレッシング
  • 青森屋オリジナル スタミナ源たれ 半分果実ソース
  • ゆず胡椒ドレッシング
  • ごまドレッシング

 

 

 

朝食の最後には、


f:id:chouchoutrip:20200201151419j:image

カフェラテとデザートを頂きました!

 

 

ごちそうさまでした!!

 

 

 

4.青森屋*バイキング料金とは

 

今回利用したバイキング(朝夕食付)の料金は、

 

宿泊費用 プラス 7,000円 です。

 

 

高いかな…とも感じましたが、ホタテやステーキなどのご馳走を色々頂くことが出来ますし、ホテル周辺に飲食店がないことを考えると充分に価値があるな、と個人的には思いました。

 

 

 

5.まとめ*青森屋のバイキングを利用した正直な感想

 

全体的に大満足な青森屋のバイキングだったのですが、全く不満点がない、というわけではありません。

 

強いて言わせてもらえるならば、

 

夕食事に提供されるお刺身が売り切れてしまったこと

 

かな~。

 

食べ放題で食べたいものが売り切れって悲しいですよね。

 

19時半にはありましたが、この日20時には売り切れていました。

 

ここバイキング会場へは、18時~21時の間、自分のタイミングで行けば良いので、早めの時間帯利用をおすすめします!

 

 

と、こんな不満はあったものの、

  • 食堂の雰囲気
  • 提供される食事内容・メニュー
  • 食事量

いずれにおいても大変満足のいくものでした。

 

バイキングなのでお腹いっぱい食べられるのは当たり前として、品数の多さや青森料理という観点でのこだわりを感じることが出来ました。

 

青森屋のバイキングを利用しなければ、「さめの蒲焼き」や「蒸しほや」を食べることはなかったと思います。

 

また「姫にんにくの天ぷら」の美味しさを知ることもなかったでしょう。

 

今回写真で紹介させて頂いたメニューは一部です。また時期によってもメニューは変わるのだと思います。

 

今回の記事が青森屋のバイキング「のれそれ食堂」を検討されている方の参考になれば、大変嬉しく思います。

 

 f:id:chouchoutrip:20200208194143j:image

 

それでは最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*

 

 

【星乃珈琲店】750円モーニングでゆっくり時間!レトロな空間が心地よい

【訪問日:2020年2月2日(日)】 
 
 
おはようございます。しゅしゅ子です。
 
 
突然ですが、モーニング巡り始めました。
 
休日の朝、楽しみで早起きしたくなる朝ごはんを求めて。
 
今回は、最近よく利用している「星乃珈琲店のお気に入りモーニングを紹介します。

f:id:chouchoutrip:20200203234305j:image
 
スタート(*´∇`*)ノ
 
 
 

星乃珈琲店とは

 
星乃珈琲店は、全国に展開する喫茶店チェーンで、看板メニューのスフレパンケーキが人気のお店です。
 
店内はアンティークな内装がお洒落で、ゆっくり寛げる空間に仕上げられています。
 
f:id:chouchoutrip:20200203233947j:image
 
マツコの番組では、上島珈琲店コメダ珈琲とならび「三大レトロ喫茶」として紹介されたそう!!
 
 
 

土日祝限定!ホリデーモーニング

 
今回、私が利用した店舗は「星乃珈琲店 座間店」で、小田急相模原駅より車で約7分の県道51号沿いにあります。日曜日の朝9時半頃に訪れました。
 
店内に入ると、淹れたてコーヒーの香りが…。
 
(休日の朝!!!! という感じがして幸せな気持ちになります。) 
 
ちなみに、喫煙可能(分煙)。
 
私は煙草を吸わないのですが、きっちり禁煙・喫煙の部屋が分かれているので匂いは全く気になりません。
 
 
さて、お目当ての「ホリデーモーニング」を注文します。
 
このホリデーモーニングは、土日祝の限定メニューなので、お間違いなく。(名前にもホリデーって付いてますしね)
 
注文からほどなくして、飲み物と一緒にワンプレートに盛られた食事が運ばれました!
 
f:id:chouchoutrip:20200203233829j:image
 
  • ビーリーフのサラダ
  • ヨーグルト
  • スフレパンケーキ2種類
  • ソーセージ
  • ベーコン
 
1つのお皿で色んなものを楽しめるのがとっても嬉しい!
 
このプレートがお気に入りな理由は、看板メニュー2種類(甘いパンケーキ&おかずパンケーキ)の両方を楽しめるところ…。  
 
バターが乗っているパンケーキには、メープルシロップをたっぷりかけて。
 
その隣にある半熟目玉焼き乗せのパンケーキは、 ベーコン、ソーセージ、卵を絡めて頂く。
 
そして、これまたこのソーセージがブリブリッとした噛みごたえで美味しいのです!
 
 
ちなみにセットの飲み物は、コーヒー、紅茶、ソフトドリンクから選ぶことが出来ます。
 
f:id:chouchoutrip:20200203183530j:image
 ★マーク付の飲み物は、+50円で注文することが出来ます。
 
 
この日、私はアイスティーを選びましたが、お腹が冷え冷えに(笑)
 
相方は、ホット豆乳ラテを注文してましたが、豆乳感が凄すぎて。豆乳好きには堪らないかと…。(私は少し苦手でしたw)
 
 

星乃珈琲店 モーニングメニュー

 
星乃珈琲店のモーニングメニューはこちら。
 
f:id:chouchoutrip:20200203183604j:image
 
今回、座間店を利用させて頂きましたが、全国的にも同じメニューだと思います。(多分…)
 
 
f:id:chouchoutrip:20200203183636j:image
 
おすすめのホリデーモーニングは750円(税抜)です。
 
 
f:id:chouchoutrip:20200203183530j:image
ドリンクはこちらから選びます。+100円でLサイズにも変更可。
 
 

その他メニュー

 
モーニング以外のメニューもテーブルに用意がありましたのでご紹介します。
 
f:id:chouchoutrip:20200203183724j:image
ハンドドリップで丁寧に淹れる珈琲が自慢なのだそう。
 
f:id:chouchoutrip:20200203183743j:image
ごはん系も美味しそうですね。卵とろとろ~

f:id:chouchoutrip:20200203183737j:image
土日限定メニューだって。チーズ好きにはたまらない…

f:id:chouchoutrip:20200203183749j:image
お得な珈琲タイムセットのご案内。

f:id:chouchoutrip:20200203183729j:image
お子さまランチもありますよ!
 
 
 

星乃珈琲店 モーニングの時間帯  

 
モーニングを頂くことが出来るのは、オープン~11時まで。
 
但し、オープンの時間は、店舗によって異なる為、こちらの公式オフィシャルサイト
からご確認ください。
 

 
 

まとめ*【満足度】★★★☆☆(3.0)| 気軽に利用しやすく普通に美味しいモーニングを楽しめる

評価:5点満点方式

★★★★★(5.0):感動!人にオススメしまくりたい!

★★★★☆(4.0):大満足!遠くても絶対再訪したい

★★★☆☆(3.0):普通に満足!近ければまた行きたい

★★☆☆☆(2.0):少し残念!一度行けばもういいかな

★☆☆☆☆(1.0):最悪!二度と行かない

f:id:chouchoutrip:20200203234121j:image
 
今回利用した店舗が都心から離れている店舗(座間店)だったので、混雑している様子もなく、店内も静かで落ち着いて食事をすることが出来ました。
 
(全国チェーン店なので比較的混雑は少ないのでは…??と思います)
 
 
またチェーン店ということで、一定のクオリティは保たれており、気軽に安心して利用できるところが嬉しいですね。
 
唯一無二の人気店だったり、ホテルなんかは、特別感があって、それはそれで素敵なのですが、気構えずに利用できるチェーン店も素敵だなぁ、と。
 
特別凝ったモーニングが食べられる!!!という訳ではないですが、普通に美味しいモーニングを頂くことが出来ます。
 
またどこかの店舗にふらっと行きます!素朴に美味しいモーニングを求めて。
 
 
ではまたヽ(*´∀`)
 
 
 
 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*

【青森駅から徒歩6分】有名寿司屋『一八寿し』は女一人旅におすすめ!

【2019年11月25日(月)】

 

こんにちは しゅしゅ子です。

 

 

今回は、青森女一人旅で訪れた

を紹介させて頂きます。

 

 

青森旅行前に

 

お寿司食べたいな~

 

と予め調査に調査を重ね(笑)伺ったお寿司屋さん、なんですよね。

 

 

というのも、 普段は、某回転寿司チェーン店をこよなく愛する私(笑)

 

回らないお寿司屋さんなんて緊張しちゃうのよ…。

 

 

 

というわけで、「青森 一人 寿司」「女 青森観光 寿司」などで検索しまくり、「一八寿司」を発見した次第です。

 

 

…実際行ってみて、大満足!!

 

女一人でも居心地が良い、美味しいお寿司屋さんに出会えたので、記録しておこうと思います。

 

私と同じように、迷える女性の参考になれば、とても嬉しく思います。

 

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 青森駅周辺で寿司屋を探している
  • 女一人でも入りやすい寿司屋に行きたい
  • 青森でちょっと贅沢な夕食を食べたい

 

 

スタート(*´꒳`*)ノ

 

 

 

旅行者に嬉しい「営業時間」のはずが・・

 

青森旅行の最終日の夕食に訪れた「一八寿し」。

 

この旅一番の贅沢をしようと事前に青森駅周辺でお寿司屋さんを調べてやって来ました。

 

(予算は1万円!諭吉を握り締めやって来たわけです。笑)

 

 

青森駅に到着したのが15時頃。

 

ランチでも夕食でもない時間帯ですが、この「一八寿し」は、昼~晩までぶっ通しで営業しているという旅行者にめちゃくちゃ優しいお寿司屋さんなんですよ。

 

夜まで我慢が出来ない私は、早速タクシーで向かいます。

 

(この日寒すぎてタクシーを使いましたが、青森駅から徒歩6分くらいです)

 

 

このタクシーの運転手さんがとてもフレンドリーな方で、

 

「一八寿し までお願いします」と言うと、

 

「おっ!青森三大 有名寿司屋だねぇ」と嬉しいことを教えてくれました。

 

 

さらに「平尾昌晃を乗せて、一八寿しまで連れてったことあるよ~」とテンションMAXでお話してくれたなぁ。

 

私は「誰やねん」と失礼なことを思いながら、愛想笑いでお答えしておきました(笑)

 

 

でもでも、「芸能人も来ちゃうほど有名なお寿司屋さんなのか」とワクワクでお腹を鳴らしながら到着!…したのですが、何やら様子がおかしい。

 

本日は16時から営業 と貼紙。

 

ななな、なんやと~!!!?

 

今日に限って、夜は16時からだったらしく、虚しく青森駅に戻ってきたのでした(グスン、涙)

 

 

タクシーの運転手さんは、「他のお寿司屋さんへ行くか?」と提案してくれたのですが、私の「一八寿し」へのテンションが治まらなかったので、「1時間後、リベンジします」と丁重にお断りさせて頂きました。

 

 

予約していれば問題ないですが、予約せずにふらっと行きたい人は念の為、電話で営業時間の確認しておくことをオススメします。

 

 

 

私の押しネタ*ふわふわ絶品穴子

 

さて、リベンジ!

 

ということで、16時半頃に戻って参りました。

 

(15時~16時までは、青森駅前にある「ワ・ラッセを見学してました。)

 

 

f:id:chouchoutrip:20200126191807j:plain

 

門構えが立派で入りにくいわ(笑)

 

と思ったものの、店内にはテレビもあり、一人でも退屈しませんでした。

 

お店の人達も、程よい距離でお話してくれるのが居心地良かったです。      

 

(ただ時間が早すぎて、お客さんは私一人でしたw)  

 

 

カウンターに案内され、暖かい店内にほっと一息。

 

f:id:chouchoutrip:20200126191757j:plain

 

赤貝とホタテをお願いしました。

 

 

 

 

こちらは来る前から頼もうと決めていた、

 

f:id:chouchoutrip:20200126191816j:plain

 

イクラとウニです。

 

何を隠そう、甘いウニが大大大好き。

 

プチプチ塩味が効いたイクラと、甘いウニを交互にちびちび食べる幸せ♡

 

あ~幸せ♡(2回目ww)

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200126191820j:plain
 

次に出されたのが、穴子です!!

 

ネットの口コミに絶品と称されていた「穴子」ですが、今まで生きてきた中で1番美味しい穴子でした!

 

そして、この旅1番感動した食事です!!!!

 

(ちなみに、この旅2番は、青森屋の夕食バイキングで頂いたにんにくの天ぷら)

 

食事の最後に、もう1貫頼んじゃうくらい美味しかったです。

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200126191744j:plain

 

そして青森と言えばのすじこ

 

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200126191740j:plain
 

オススメと言われて、煮たこ。

 

お塩をちょんちょんッと付けて頂きます。

 

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200126191803j:plain


焼物なんかも頼みまして。そして何の魚か忘れまして(笑)

 

 

 

 

 

f:id:chouchoutrip:20200126191811j:plain

 

つぶ貝もコリッコリで最高でした!

 

 

 

 

青森に来たらホタテを堪能したい、と思っていたので

 

f:id:chouchoutrip:20200126191824j:plain
 

ホタテの炙りも頂きましたが、甘くてジューシーで言うことなし!!!! でしたよ。

 

 

写真は撮り損ねましたが、お食事中盤頃、お味噌汁も出てきて、ほっこり温まりました。

 

 

お酒を飲まない私は、1時間くらいで食べてしまい、お会計は8,020円

 

幸せな1時間をありがとう~!ご馳走さまでした。

 

 

感想*旅行者におすすめ!青森駅の超有名店「一八寿し」

 

今回は、女一人(しかも緊張気味w)で訪れたお寿司屋さんでしたが、お店の方も旅行客には慣れているようで「観光はどこに行かれました?」など、程よい距離感でお話して下さいます。

 

私が伺った11月末というのは、青森はオフシーズンのようで、1月に入るとスキー客で賑わうそうですよ。

 

私は「へぇ~!!」なんて言いながら、初めの緊張はどこへやら…。ご機嫌にお店の方との青森トークを楽しんでしまいました。

 

何やらしきりに「八甲田山」をオススメされたような…(笑)

 

 

立地も青森駅から徒歩6分なのでアクセスよし。

 

 

 

荷物が邪魔であれば、青森駅(観光センター前)にあるコインロッカーに入れちゃえばOKですよ!


f:id:chouchoutrip:20200126195457j:image

 

 

 

また、お店のすぐ近くには、ダイワロイネットホテルなど…ビジネスホテルもたくさんあります。出張で来た一人客も多いんじゃないかなぁ。

 

(勝手に仲間意識ww)

 

 

昼~晩までぶっ通しで営業しているスタイルも、帰りの時間が決まっている旅行者にとっては嬉しいですね。

 

(早めのディナーに使えてグッ!!)

 

 

何より、お味も最高!特に穴子は本ッッ当に食べてほしい!!

 

(すでにこのブログを書きながらよだれ…笑)

 

f:id:chouchoutrip:20200126191820j:plain



 

 

というわけで、今回は「一八寿し」をご紹介しました。

 

f:id:chouchoutrip:20200126191749j:plain

 

 

青森駅で「海鮮食べたいな~」という人には、是非!!!!  一八寿しの穴子を食べて頂きたいな、と思います。

 

 

 

この記事が青森旅行のお食事の参考になれば、幸いです。

 

 

 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*

【写真付で解説!】憧れの星野リゾート『青森屋』に宿泊した感想

こんにちは、しゅしゅ子です。

 

 

今回は、青森一人旅をした際に宿泊した

を紹介します。

 

一言で感想を述べると

 

大満足

 

でした!

 

f:id:chouchoutrip:20191222113320j:plain

 

 

青森県内には星野リゾートが3ヶ所ありますが、 ここ青森屋は、比較的値段が安く、それでいて星野リゾート魂に触れられるおすすめホテルです。

 

 

期待以上にワクワクする館内に

 

踊り出してしまうんじゃないか

 

と、思うほど一人テンション上がってしまいました!

 

f:id:chouchoutrip:20191222142532j:image

 

 

ここ青森屋のコンセプトは、青森のテーマパーク。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142601j:image

 

その名の通り、 青森の郷土文化がギュギュっと詰め込まれた館内は、どこか懐かしい別世界なんです。


f:id:chouchoutrip:20191222152744j:image
 

f:id:chouchoutrip:20191222142608j:image

 

館内だけでも十分楽しめるので、「ゆっくりしたいなぁ…という人にはめちゃくちゃオススメ!   

 

 

逆に「外で観光しまくりたい」という人は、

 

「んん~」と首をかしげるかも…

 

と思ったので周辺の観光情報を含め、正直な感想を記録しておこうと思います。

 

 

この記事はこんな人におすすめ

  • 青森屋に宿泊するか迷っている人  
  • 青森屋の雰囲気を写真付きで知りたい人
  • 青森屋周辺の観光情報を知りたい人

 

 

スタート(*´꒳`*)ノ

 

 

 

1、写真で解説!青森屋はどんな宿?

 

青森屋は、「青森を楽しむ」をテーマにしたホテルです。

 

f:id:chouchoutrip:20191222152747j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222142541j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222142624j:image

 

私が宿泊した時期は、秋の終わり(11月末)ということもあり、りんごとホタテが旅館内を占拠中(笑)

 

どこを見ても「青森、青森、青森~」と、楽しいんですよね。

 

 

囲炉裏ラウンジ

 

まずゆっくり寛ぐなら、囲炉裏ラウンジ(利用時間:6時~23時)

 

f:id:chouchoutrip:20191222121415j:image

 

ここは宿泊者共用の無料ラウンジで、コーヒーと麦茶が飲み放題。

 

f:id:chouchoutrip:20191208170813j:plain

 

かましさの塊の私。たくさん頂きました!

 

 

テーブルではパソコン作業、ソファでは本を読んだり…色んな目的で利用できるのが嬉しかったです。

  

f:id:chouchoutrip:20191208171039j:plain

 

f:id:chouchoutrip:20191207223354j:plain



 

チェックイン前やチェックイン後の待ち時間にゆっくりしてる人が多かったですよ。

 

 

私もチェックイン後、フロントに荷物を預けてソファで読書して過ごしました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121421j:image

 

 

青森屋の客室

 

もちろん!お部屋もゆっくり過ごせましたよ。

 

私は「えんこつ」の部屋に宿泊したのですが、一人旅の私にとっては十分すぎるくらいゆったり♡

 

f:id:chouchoutrip:20191222145854j:image

 

一人なのにベットが2つ!恐縮です(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20191222145815j:image

 

ベットの奥には掘りごたつ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142544j:image

 

部屋全体は青色に統一されていて、とても落ち着くんです。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145742j:image

 

よーく見てみると、ライトがホタテの貝殻風。乙女心をくすぐられて(誰が乙女やw)女一人キャッキャはしゃいでしまいました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142616j:image

 

ちなみに部屋の鍵もリンゴで乙女喜ぶ♡

 

f:id:chouchoutrip:20191222121424j:image

 

サービスのお菓子も「リンゴ」のラングドシャ

 

f:id:chouchoutrip:20191222142627j:image

 

こちらは相方へのお土産にしよ(せこいw)

 

 

部屋の雰囲気もさることながら、用意された小物たちが素晴らしくて拍手を送りたかったです。

 

パジャマ代わりの甚兵衛は神!

 

f:id:chouchoutrip:20191222142538j:image

 

浴衣で寝ちゃうと、朝方、ほぼ紐だけの状態になる私(笑)

 

その心配がないのは本当に嬉しいです。

 

 

持ち運び可能な大きい鏡。これは化粧する時にいるよね、女子たち!

 

f:id:chouchoutrip:20191222145847j:image

 

 

そして館内をウロウロする時、めちゃくちゃ便利だったかごバック。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142604j:image

 

たしかに今まで、大浴場行く時、困ってました。

 

下着とか何に入れて行こう…となり、一旦フリーズするのが恒例(笑)

 

 

もちろんWiFiあります!

 

f:id:chouchoutrip:20191222145740j:image

 

アメニティも充実のDHC。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145754j:image

 

手ぶらで来てもオッケーですね(綿棒やブラシ、コットン、歯ブラシは当然ある)

 

 

水廻りも綺麗なので安心。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145841j:image


f:id:chouchoutrip:20191222145803j:image

f:id:chouchoutrip:20191222145809j:image


f:id:chouchoutrip:20191222145746j:image

 

お風呂は大浴場があるので使う人少ないと思うけど…一応載せておきますね。

 

 

部屋のドライヤーは壁付けだけど、風量問題なし

 

f:id:chouchoutrip:20191222142557j:image

 

もちろん大浴場にもドライヤーありましたよ。

 

 

あとは「自由にどうぞ~」のお茶と冷蔵庫も。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142551j:image

 

部屋からの眺めは、まぁまぁ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142547j:image

 

もう少し早い時期だと紅葉が綺麗だったかも、なんてちょっとだけ悔しかったり。  

 

 

今回私が泊まった部屋は、1番お手頃価格の「えんこつ」の部屋だったので仕方ないですね。

 

部屋ランクによっては、庭園が眺められるそうですよ。羨ましすぎる!!

 

f:id:chouchoutrip:20191222153720j:plain

 

 

部屋はランク高い順に…

 

  • うんかい 85㎡

f:id:chouchoutrip:20191223160825j:image

 

  • 青森ねぶたの間 71㎡

f:id:chouchoutrip:20191222104341j:plain

 

 

  • おぐらみ半露天風呂付 77㎡

f:id:chouchoutrip:20191222104430j:plain

 

 

  • あずまし半露天風呂付 53~59㎡

f:id:chouchoutrip:20191223160946j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191223161033j:image

 

  • あずまし和洋室 60㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161127j:image

 

  • いてくら 43㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161218j:image

 

  • あずましツイン 33㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161251j:image

 

  • あずまし 43~50㎡

f:id:chouchoutrip:20191223161356j:image

 

  • そして私が泊まった「えんこつ 30~37㎡」

f:id:chouchoutrip:20191222145854j:image

 

 

じゅうぶん、じゅーぶん!!笑

 

 

青森屋自慢の庭園

 

そして、部屋から眺められたらラッキーと語った庭園がコチラ。

 

f:id:chouchoutrip:20191208171615j:plain

 

日が暮れてからがめっちゃ綺麗で感動した~!

 

だいたい1周するのに約30分かかります。が、全然時間忘れて散歩出来ますよ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121352j:image

 

 

足湯しながら、水面に映る明かりを眺めたりして。

 

f:id:chouchoutrip:20191208173656j:plain

 

こういう時は誰かと一緒がいいですよね。グスン…。

 

 

庭園の散歩道を照らすライトもリンゴで可愛い


f:id:chouchoutrip:20191222145821j:image


f:id:chouchoutrip:20191222145828j:image

 

こちらは、ねぶたかな?

 

f:id:chouchoutrip:20191222145818j:image

 

間近で見ると蜘蛛の巣が張っていたのは内緒です。

 

だいじょうぶ、だいじょーぶ!笑

 

 

夜のキラキラな感じが私は好きだったけど、朝の散歩も気持ちいいのだ!(突然のバカボンぱぱw)

 

f:id:chouchoutrip:20191208173400j:plain

 

 

とろとろ温泉 

 

庭園散歩で体が冷えたら、温泉へダッシュ!!

 

館内にある浮湯(露天風呂)は景色が最高で何時間でも浸かってられるッ!

 

f:id:chouchoutrip:20191222111329j:plain

 

 

風呂上りには事前に予約しておいた「うるほひ横丁」でヘッドケア30分コース。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145833j:image

 

肩から頭の先までゴリゴリと揉みほぐしてもらって、至福のとき

 

おかげでこの夜、朝までぐっすり眠れました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145824j:image

 

 

翌朝、別館にある元湯では 「うあ”~」なんてオッサン顔負けの声を漏らしながらお湯に浸かりました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145852j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222110332j:plain

 

私的にはこちらの元湯の方がタイプです。

 

少し熱めのトロトロ湯が自称低血圧の私をしゃきーん!!  と叩き起こしてくれました。ありがとね!

 

雰囲気も昭和の銭湯っぽくて好きや。

 

f:id:chouchoutrip:20191222110424j:plain

 

f:id:chouchoutrip:20191222121418j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121409j:image

 

 

 

この別館「元湯」までは少し距離がある為、フロントから30分おきに連絡バスが出ています。バスだと1~2分。徒歩だと5分くらいかな。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121412j:image

 

ご利用の方は、フロントに確認しておくと良いですよ。

 

 

青森屋の食事処

 

旅の醍醐味!食事はどうかというと…

 

3ヶ所の食事処が用意されていて、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。

 

 

贅沢なお値段順に、

 

  • 南部曲屋

f:id:chouchoutrip:20191222105940j:plain

青森の人々に昔から伝わる海の幸15品が「七子八珍」。その食材を取り入れた「七子八珍会席」は日本酒とも相性が良く、ともにその味わいと風味をお楽しみ頂けます。

 

  • みちのく祭りや

f:id:chouchoutrip:20191222110003j:plain

青森四大夏祭りを魅せるレストラン。太鼓や祭囃子に、山車や跳人が練り歩き熱気に包まれます。お食事は郷土料理、特に熱々のせいろ蒸しがおすすめです。

 

  • のれそれ食堂

f:id:chouchoutrip:20191222145830j:image

古民家風のレストランで割烹着姿のかっちゃ(お母さん)が笑顔でお出向かえするビュッフェレストラン。郷土料理やあつあつの目前料理などをお楽しみください。

 

ここは、いわゆるバイキングのお食事処。

 

お腹いっぱい食べたい私は、のれそれ食堂を選びました。

 

全種類制覇してやる!!  と挑んだ私ですが、種類多すぎて志半ばでギブアップ。

 

青森のお母ちゃんが作ってくれる食事、がコンセプトの食事処でホッとする空間が心地良かったなぁ。

 

f:id:chouchoutrip:20191222142528j:image

 

でも食事のレベルが高くて、うちのお母ちゃんはこんなん作ってくれないよ!!  と抗議したかったです。

 

(嘘です、ママンごめんよ)

 

f:id:chouchoutrip:20191222121406j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121427j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121346j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222121403j:image

 

まだまだ序の口…もっともっと詳しく紹介したいので、また別の記事で詳しく紹介させて頂きます。

 

朝ごはんも美味しかったんよねぇ(遠い目…)

 

f:id:chouchoutrip:20191222152131j:image

 

f:id:chouchoutrip:20191222145735j:image

 

 

 

そうそう!もう1か所紹介しておきたいのが「ヨッテマレ酒場

 

f:id:chouchoutrip:20191222145757j:image

 

事前予約が必要な食事処は3ヶ所なのですが、「ちょい飲み」や「ちょい食べ」にぴったりなんです。

 

f:id:chouchoutrip:20191222111417j:plain

 

レトロな雰囲気が素敵だと思いませんか?

 

f:id:chouchoutrip:20191222142620j:image

 

 

じゃわめぐショー

 

食事のあと、パンパンのお腹をさすりながらも見入ってしまった「じゃわめぐショー

 

f:id:chouchoutrip:20191222145806j:image

 

毎晩20時45分から始まる夜のイベントなんです!

 

たくさんのお客さんが「待ってました!!」と大きな拍手で演者の方を温かく出迎え、スタート。

 

f:id:chouchoutrip:20191222152127j:image

 

青森の民謡??

 

よく分からなかったけど、めちゃくちゃ歌が上手いのだけは分かった(笑)

 

ぱちぱちぱち~!!

 

 

 

民謡の次は、スコップ三味線。

 

f:id:chouchoutrip:20191222111054j:plain



 

スコップ三味線とは、「雪かき用のスコップ」と「栓抜き」で奏でられる音楽のこと。

 

歴史は30年ほどで、今では世界大会が開催されるほど。

 

ふ~ん

 

スコップ三味線奏者には申し訳ないけど、めちゃくちゃナメてました。

 

演奏が始まって、!!!!!!

 

f:id:chouchoutrip:20191222121400j:image

 

音の迫力に心臓がえぐられました。

 

リアルに心臓が弱い人が心配になるレベル…笑。

 

f:id:chouchoutrip:20191222121349j:image

 

めっちゃ盛り上がって、楽しかったです。 

 

じゃわめいだね~

 

青森屋さん、素敵時間をありがとう。

 

 

2、青森屋の周辺施設

 

青森屋がじゃわめぐ一方、青森屋周辺には何もありません。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145838j:image

 

コンビニもスーパーもレストランも。なーんにもない(笑)

 

 

最寄駅は、歩いて10分くらいのところに「三沢駅」があります。

 

f:id:chouchoutrip:20191222145759j:image

 

三沢駅からは、乗り継ぎなしで

と、他主要エリアへのアクセスは比較的良いです。

 

が、注意しておきたいのが、

 

電車の本数が少なすぎ問題(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20191222145750j:image

 

車がないと、気軽に食事へ行ったり、お出かけは困難でしょう。

 

朝夕の食事は青森屋のオプションをつけることをオススメします。

 

 

3、青森屋の周辺観光スポット

 

青森屋から少し足を運べば、海を望んだり、海鮮を楽しむスポットが豊富です。

 

代表的な観光スポットは、

など、です。

 

 

電車で行くことは可能ですが、電車本数が少ない為、いろいろ観光して周りたい方は、レンタカー利用することをおすすめします。

▶レンタカーなら「たびらいレンタカー予約

 

 

4、青森屋に宿泊する前に知っておきたい3つのこと

 

  • 1.電車本数が少ないので、レンタカーをチェック

 

何度も言いますが、電車の本数が少なく、車がないと不便です。

 

特に観光地を巡ったり、旅館の外で食事をする予定の人は、レンタカーを借りましょう。

 

おすすめは、

で、自分に合うレンタカーを探してみることです。

 

  • 検索画面がポップで見やすい
  • 大手レンタカー会社を一括検索できる
  • 割引がきいて安い

ので、チェックしてみてください。

 

 

  • 2.無料送迎バスをチェック

 

青森屋からは、無料送迎バスが用意されています。

三沢駅⇔青森屋

八戸駅⇔青森屋 ※要予約

三沢空港⇔青森屋 ※要予約

青森空港⇔青森屋 ※要予約

 

三沢駅 ⇔ 青森屋 以外は、事前予約が必要!

無料送迎バス予約は、公式HPから

 

f:id:chouchoutrip:20191222145844j:image

 

旅行スケジュールに合わせて、予約しておきましょう。

 

 

  • 3.食事プランをチェック

 

青森屋は、気軽に外食がしにくい立地にあるため、食事プランをオプションで付けておくことをオススメします。

 

どのプランも青森の郷土料理や雰囲気を楽しむことが出来ます。

 

私が実際に申し込んだ「のれそれ食堂」は、宿泊費プラス7000円(朝夕食付)でホタテやステーキなど、ご馳走を頂くことが出来ました。

 

是非、公式HPから食事プランをチェックしてみてくださいね。

 

 

感想まとめ*青森屋はのんびりしたい人向けホテル

 

ということで、青森屋の感想は

  • 食事も風呂も最高!究極にゆったり出来る旅館

でした。

 

 

  • 無料送迎バスがあり、
  • 美味しい食事も楽しめる、
  • 温泉も最高!!

 

なので、

 

  • ホテル内でのんびり過ごしたい方

にとっては、文句なしの旅館だと思います。

 

一方で

  • 観光しまくりたい!
  • 宿は寝るだけでOK

という人には、もっと良い旅館が他にありそう、と思いました。

 

また館内で楽しいイベントが開催されていたり、庭園にはポニーがいたりと、

  • 小さいお子さん連れの家族にもピッタリ

な、お宿だと思います。

 

f:id:chouchoutrip:20191208174550j:plain

 

 

スコップ三味線の体験タイムには小さい男の子が大活躍でした(笑)

 

f:id:chouchoutrip:20191222121356j:image

 

以上、星野リゾート「青森屋」の感想をお伝えしました。

 

f:id:chouchoutrip:20191222113136j:plain

 

 

最近おつかれ気味の方、ゆっくり寛ぎたい方は、青森屋でのんびりとした星野リゾート時間を過ごしてほしいなと思います。

 

f:id:chouchoutrip:20191222113215j:plain

 

それでは最後まで記事を読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

 

 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*

ゆっくり過ごす女一人旅は『青森』が絶対におすすめ!海鮮グルメと贅沢宿

【2019年11月24日(日)~25日(月)】
 
 
こんにちは、しゅしゅ子です。
 
 
ある日、会社からの帰宅途中、「旅に癒されたい」とつぶやきました。
 
 
…コノ子、病ンデルネ(笑)
 
 
ということで今回は「ゆっくり過ごす一人旅」をテーマに女一人、青森へ旅立ちます。
 
 
 
今回の青森旅行では
  • 星野リゾート「青森屋」でゆっくり過ごし
  • 美味しい海鮮をたらふく食べる
という、一人だからこそ出来るマイペースなのんびり旅行を楽しむことが出来ました。
 
 
 
そんなこと言われても、青森ってすごく地味。何があるか知らない。なんて思われる方多いと思うので(失礼かよ、笑)
 
青森の魅力よ、伝われぇぇ
 
という想いを込めて、おすすめポイントをまとめたいと思います。
 
 
この記事はこんな人におすすめ
  • 一人旅の行き先に悩む人
  • 青森旅行に行く予定の人
  • 青森グルメを知りたい人
 
 
スタート(*´꒳`*)ノ
 
 

青森一人旅を楽しむポイント①星野リゾートに泊まること

 
青森の魅力は
  • 上質な宿や温泉がたくさんあること
です。
 
 
のんびり一人旅をするなら「居心地のよい部屋」 と「癒しの温泉」は必要不可欠。
 
 
中でも以前より憧れていた星野リゾート青森県内には3つもあり、どれにしようか心が躍りましたよ。
 
 
迷った挙句、
  • 館内で青森を愉しむことをテーマにした「青森屋」
に宿泊したのですが、心からこの宿を選んでよかったなぁと感じました。
 
 
 
自由に使える囲炉裏ラウンジがあり、一人でも全く寂しさを感じない。
 
f:id:chouchoutrip:20191207223354j:image
 
無料のコーヒーや麦茶が用意され、
 
f:id:chouchoutrip:20191208170813j:image
 
アロマの香りが心地よくて、何時間でもくつろげてしまう空間です。
 
f:id:chouchoutrip:20191208171039j:image
 
 
夜、ホテルスタッフに勧められて訪れたのは、
  • 敷地内にある美しい庭園
です。
 
 
夜にはライトアップされ、水面も映る明かりが超幻想的。
 
f:id:chouchoutrip:20191208171615j:image
 
あまりに素敵すぎて、翌朝もう一度散歩をしてみたのですが、夜の姿とはまた違い、そこには大自然が待ち受けていて…。
 
ホテルの敷地内とは思えず、軽くドン引き)
 
f:id:chouchoutrip:20191208173400j:image
 
温泉宿らしく、コトコトと湧き出る足湯で癒されるのも良きですよ。
 
f:id:chouchoutrip:20191208173652j:image

f:id:chouchoutrip:20191208173656j:image
 
さらに庭園には、馬やポニーが飼育されていて、めちゃくちゃ可愛いかった!
 
f:id:chouchoutrip:20191208174553j:image

f:id:chouchoutrip:20191208174550j:image
 
三つ編みしてるやーん!!
 
f:id:chouchoutrip:20191208174854j:image
 
 
 
庭園散歩で冷えた体は
  • トロトロ湯の温泉
で温めましょう。
 
 
 
敷地内には温泉が2つあり、夜は館内にある露天風呂を楽しみました。
 
f:id:chouchoutrip:20191208180617j:image
(公式HPより)
 
まるで池に浮いているような露天風呂。
 
池の向こうに見えるのは、枯木と赤い葉が混じる、秋の終わりを感じさせる木々。
 
顔を上げると、湯気の隙間から見える満天の星空。とっても風情を感じました。
 
 
 
翌朝は、別館にある「元湯」がおすすめです。
 
f:id:chouchoutrip:20191214131101j:image
 
 
内湯のみですが、晴れた日にはステンドグラスから注がれる光が美しいそうですよ。
 
(私が訪れた日は残念ながら曇りでした、泣)
 
f:id:chouchoutrip:20191208180641j:image
(公式HPより)
 
 
それでも、お湯のトロトロ具合がマジで最ッッ高!
 
館内の露天風呂よりトロッとしてます!!
 
熱めのお湯で目が覚め、1日元気に過ごせたのはこのお湯のおかげだなんて本気で思いました。
 
 
正直、ホテル敷地内をこんなにも楽しんだのは初めてしかも一人ですよ、笑)
 
ずっとここで遊んでいたい!!!…なんて年甲斐もなく思ってしまいました。
 
 
 
その他にも
  • 毎晩行われる青森ならではのイベント
  • 青森の郷土料理が楽しめる食事処
など、おすすめしたいポイントが止まりません(笑)
 
 
f:id:chouchoutrip:20191208181157j:image
 
f:id:chouchoutrip:20191208181419j:image

f:id:chouchoutrip:20191208181423j:image
 
 
星野リゾート「青森屋」については、関連記事「星野リゾート青森屋 まとめ」で詳しく紹介していますのでよろしければご覧ください。
 
 

青森一人旅を楽しむポイント②美味しい海鮮を食すこと

 
美味しいご当地めしは、旅に欠かせないもの。
 
そんな中、青森は海鮮好きの私にとって
 
まさに天国。笑
 
 
 
まず初日の昼食に向かったのは、
です。
 
 
f:id:chouchoutrip:20191208202347j:image
 
カフェが併設されていて、綺麗でお洒落。
 
女子一人でも全然入りやすいのが嬉しい〜!
 
 
建物の綺麗さだけでなく、味も絶品!
 
9月~11月が旬の青森ブランド「八戸前沖銀サバ」が食べられるんですよ。
 
 
 
八戸前沖銀サバ トロ漬け丼を見よッ!
 
全国丼ぶり選手権で2年連続優勝した代物です。  
 
f:id:chouchoutrip:20191208202709j:image
 
 
 
 
そして想像以上に美味しくて驚いたのが、
 
八戸ばくだん、という奇妙な名前の丼ぶり。
 
f:id:chouchoutrip:20191208202757j:image
 
キラキラしていて綺麗でしょ?
 
にんにく醤油漬けにされたイカイクラ
 
初めて食べる味に感動!青森はイカも美味しいんですねぇ。
 
 
 
同じ八戸エリアであれば、陸奥湊駅にある「みなと食堂」も超有名。
 
(時間の都合上、行けませんでした…涙)
 
看板メニューはヒラメ漬け丼。
 
 
無理にでも行くべきだった…と今更ながら後悔中。次回の青森旅行では絶対リベンジを誓いました(笑)
 
 
翌日の夕食に選んだのは
です。
 
 
f:id:chouchoutrip:20191208203157j:image
 
どれを食べても美味しいのですが、一番美味しかったのが焼き穴子のにぎり。
 
f:id:chouchoutrip:20191208203226j:image
 
香ばしくてふわっふわ。
 
この旅1番の味だったかも。いやいや…
 
 
甘いウニとイクラも負けてなかったな。
 
f:id:chouchoutrip:20191208203310j:image
 
どないや(笑)
 
 
一八寿司については、こちらの記事に詳しくまとめました。

 

 

青森一人旅を楽しむポイント③美術館で心を磨く

 
青森が一人旅に優しいなぁ、と思うポイントは美術館が多いこと。
 
 
例えば、青森2大アートスポットと言えば、
がありますよ。
 
 
 
美術館は友達とお喋りしながらよりも、じっくり鑑賞したい派の私。
 
(芸術語っちゃってますが、学生時代は常に美術3をキープ、笑)
 
 
 
今回は青森駅からすぐの
をじっくり鑑賞させて頂きました。
 
 
ここは美術館と言うより、青森の伝統ねぶたを鑑賞できる場所と言った方が良いかもですね。
 
 
ねぶたがドドーンと展示されていて見応えがハンパない(笑)
 
f:id:chouchoutrip:20191208204124j:image
 
派手な色使いで豪華絢爛である一方、繊細で美しい。
 
f:id:chouchoutrip:20191208204147j:image
 
自分のお気に入りはどれかなぁ、なんていくつものねぶたを見比べて長々と居座っちゃいました(笑)
 

旅行の手配について

 
今回の旅行に関しては、
を行いました。
 
 
というのも、私が調べた限りでは、この方法が一番安かったので。
 
 
でも、ばらばらで手配するのは面倒臭いなぁ、という人は
  • 旅行会社のツアーに申し込む
のも全然アリだと思います。
 
 
 
値段が上がると言っても、ほんの少しだったと記憶しています。
 
JTB国内旅行(宿泊+ツアー)予約サイト」でも青森屋の取扱いがあるので、一度金額比較してみてください。
 
 
 
宿を青森屋に限定しなければ、大手旅行会社のパッケージツアーは、お得なことが多いので以下チェックしてみて損はないと思いますよ。
 
 

レンタカー予約

 
この旅行、1つ反省している点があります。
 
なぜレンタカー借りなかったんだろう。
 
(のんびり行く一人旅なのでローカル電車に乗ろう、とお気楽に考えていた、笑)
 
 
電車に乗りさえすれば、のんびり読書したり楽しかったのですが…
 
とにかく本数少なすぎ(涙)
 
改札前で1時間待たされるとか普通でしたから!
 
 
 
なので、青森を訪れる際には、
  • レンタカーを借りる もしくは、
  • 電車の時刻を細かくチェック
どちらかを事前準備しておくべきだと思います。
 
 
 
レンタカー予約は、私にも言えることですが、慣れていないと戸惑うこともあるかと思います。
 
 
おすすめは、
で、自分に合うレンタカーを探してみることです。
 
  • 検索画面がポップで見やすい
  • 大手レンタカー会社を一括検索できる
  • 割引がきいて安い
ので、チェックしてみてください。
 

まとめ *青森はまた女一人旅で訪れたい県

 
今回の青森旅行では、「八戸・三沢エリア」「青森市内」を1泊2日で観光しました。
 
 
観光エリアは他にも「下北半島エリア」「津軽エリア」「弘前エリア」と青森県って広い!かつ、見どころも多い!!
 
 
正直1度きりの訪問では全てを把握することは出来ないと断言します!
 
 
今回の女一人旅を計画するにあたって色々調べてみると「こんなにも観光スポットがあるのか…」と度肝を抜かれました。
 
1泊2日なんて全然足りないやん…!
 
 
温泉・自然・美術館・お祭り・グルメ…色んなテーマで旅を楽しめそうですね。
 
(地味県だと思っててごめんよ、笑)
 
行けなかった観光スポットがまだまだ沢山あるので、またいつか再訪しようと考えています。
 

青森1泊2日*一人旅のスケジュール(関連記事)

 
** 1日目 **********
 
〔9:40〕三沢空港 到着
 
〔13:00〕俵屋にてランチ(※記事更新予定)
 
〔15:00〕青森屋
 ・部屋・ラウンジで休憩
 ・庭園散策
 ・夕食 バイキング
 ・露天風呂(浮湯)
 ・マッサージ
 ・就寝
 
 
** 2日目 **********
 
〔8:00〕 起床
 ・朝食 バイキング
 ・別館風呂(元湯)
 ・準備・ラウンジ休憩
 ・庭園散策
 
〔12:00〕 青森屋 チェックアウト
 
〔15:00〕 青森駅 到着
 
〔15:30〕 ねぶたの家 ワ・ラッセ(※記事更新予定)
 
〔16:30〕 一八寿しで夕食
 
〔17:30〕 A-FACTORYで土産購入(※記事更新予定)  
 
〔20:30〕 青森空港 出発
 
 
 
 

その他、旅ブログはこちら。

▶『海外旅行記』記事一覧はこちら 

▶『国内旅行記』記事一覧はこちら

 

ではまた(*・ω・)ノ

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.* 

 はてなブログの方は読者登録お待ちしています。

 

*.━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━.*